この記事は 4 分で読めます

ジョハリの窓とは|意味と実施方法、ビジネスにおける活用方法を紹介

URLをコピーする

「ジョハリの窓」という言葉はご存知ですか?ジョハリの窓は自分と他者のことを知るために有効な心理学モデルです。
今回は、ジョハリの窓の意味、ビジネスでの利用方法と実施する方法を紹介します。

ジョハリの窓とは、自己分析を行い他者との関係を知るための心理学モデルのこと

ジョハリの窓(Johari Window)とは、自己分析によって他者との関係を知り、円滑なコミュニケーション方法を考えるための心理学モデルのことです。1955年に心理学者のジョセフ・ルフト氏とハリー・インガム氏が考案した概念で、2人のファーストネームを組み合わせて「ジョハリの窓」と呼ばれています。

ジョハリの窓の「4つの窓」

ジョハリの窓では、自分の特性や自己理解を4つの領域に分類します。この4つの領域を「4つの窓」と呼び、自己分析や他己分析の結果を以下のように4つの窓に当てはめます。

開放の窓(open self)

開放の窓とは、自分も他人も知っている自己のことで、自己評価と他者からの評価が一致している状態です。開放の窓に分類される項目が多くなることで、他者からの親近感や信頼感が高まり円滑なコミュニケーションにつながります。反対に、開放の窓に分類される項目が少ない場合は、他者から見て「何を考えているのか分かりにくい人」と思われる傾向があります。

秘密の窓(hidden self)

秘密の窓は、自分は知っているけれど他人は気づいていない自己のことです。そのほか、コンプレックスやトラウマなど、他人に隠している項目も秘密の窓に分類されます。

コンプレックスやトラウマ以外の自分の個性が見せられていない場合は、意識的に表現して自己開示することで「開放の窓」を大きくできます。

盲点の窓(blind self)

盲点の窓とは、他人は知っているけれど自分では気づいていない自己のことです。自分が気づいていないような思考や長所・短所が当てはまります。

また、自分で気づけていない癖などは、人に言われるまで気づかず、知らぬ間に相手を不快な気持ちにさせている場合もあります。自分の知らなかった自己を認識し受け入れて、自己理解を深めて「開放の窓」を大きくすることが大切です。

未知の窓(unknown self)

未知の窓とは、自分も他人も気づいていない自己のことです。新しい挑戦の際に気づく可能性が高い項目であり、自己開発が未知の窓を小さくすることにつながります。

ジョハリの窓を実施する方法

1. 実施シートを作成する

まずは、ジョハリの窓を実施するためのシートを準備します。実施シートにはあらかじめ10〜30個程度の項目を記入しておきます。調査に利用する項目は、参加者が精神的な負担なく選べるようにポジティブな内容のものにしましょう。分類項目の例には以下のものがあります。

明るい 集中力がある 真面目である 陽気である 話しやすい
賢い 忍耐強い 柔軟性がある 協調性がある 冷静である
礼儀正しい 親切である 行動力がある 自発的である 責任感がある
傾聴力が高い 向上心がある 頭がよい 穏やかである 信頼できる

2. 実施シートに従って実施する

実施する際は、お互いに相手をよく知っているような参加者を5〜10名程度集めましょう。実施シートを参加者全員にそれぞれ人数分配布し、自分自身と自分以外の参加者に当てはまる項目にチェックを入れます。

3. 結果を集計し分析する

自己評価をした実施シートと他の参加者が評価したシートの結果を以下の要領で4つの窓に分類します。

  • 自分と他人がチェックをつけた項目→開放の窓
  • 他人がチェックをつけず自分がチェックをつけた項目→秘密の窓
  • 他人がチェックをつけ自分がチェックをつけていない項目→盲目の窓
  • 自分も他人もチェックをつけていない項目→未知の窓

集計結果をお互いに確認し合い、結果に対する理解を深めましょう。

また、ジョハリの窓は、Webサービスを利用することで無料で手軽に実施できます
(ポテクト公式サイト:https://potect-a.com/johariwindow.html

ビジネスにおけるジョハリの窓の利用方法

自己理解のツールとして利用する

ビジネスにおいてジョハリの窓は、自己理解や自己分析のツールとして利用されます。ジョハリの窓の中の「盲点の窓」を知ることで、今まで気づかなかった自分の能力や長所を知ることができます。ジョハリの窓によって新しい自己を発見できれば、未知の能力を伸ばすことが可能となり成長につなげられます。

コミュニケーションツールとして利用する

ジョハリの窓はビジネスにおいてコミュニケーションツールとしても利用されます。企業研修の際にジョハリの窓を利用することで、社員の対人スキルの向上やコミュニケーションの円滑化につなげられます。ジョハリの窓で相手との認識のずれを減らすことで、対人関係のストレス軽減を目指しましょう。

経営・マネジメントおすすめの記事

2020年3月12日

魅力的なブランドコンセプトとは?事例や作る際のポイントを紹介!

2018年8月8日

無料のグループウェア5選!求める機能に応じて選ぼう

2018年7月5日

ニッチ市場とは?戦わないことで成功した企業の事例を紹介