この記事は 3 分で読めます

フォロワーシップとは|行動例や発揮するためのポイントを紹介

URLをコピーする

「フォロワーシップ」という言葉を聞いたことはあるけれど、詳しい意味や活かし方については詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか?
社員がリーダーを支え、フォロワーシップを発揮することで、組織の活性化や生産性の向上につながります。

この記事では、フォロワーシップの意味や行動例、発揮するためのポイントなどを紹介します。

フォロワーシップとは、リーダーやチームメンバーに対して自律的に働きかけること

フォロワーシップとは、リーダーやチームメンバーに対して能動的・自律的に働きかけることを指します。フォロワーシップは、1992年にアメリカのカーネギーメロン大学のロバート・ケリー教授によって「リーダーの言動に対して建設的な批判をし、自発的で担当業務以上の仕事をすること」として提唱されました。

日本においては、未だ浸透しきっていない言葉であることに加え、学ぶ機会が少ない分野であると言えます。

メンバーシップとの違い

フォロワーシップと似た言葉に、「メンバーシップ」があります。しかし、フォロワーシップとメンバーシップは明確に意味が異なるので注意が必要です。

フォロワーシップは「フォロワー」という立場からリーダーを支えるという意味合いであるのに対し、メンバーシップはチームメンバーそれぞれが自分の持ち場で役割を全うし、組織のために行動するという意味を持ちます。つまり、フォロワーシップはメンバーシップの考え方の1つだと言えます。

リーダーシップとの関係性

リーダーにはチームを率いていくという役割がありますが、リーダーの力だけではチームの能力を最大限発揮することはできません。それと同じく、リーダーシップなしでフォロワーシップが発揮されることもありません。リーダーシップとフォロワーシップは相互に作用することで、組織としての生産性を向上させる相乗効果を生みます。

例えば、リーダーが「決断」する役割であるのに対して、フォロワーは「批判・提言」という役割を持ちます。チームの能力を最大限発揮するためには、リーダーシップに加えて能動的・自律的なフォロワーシップが求められるのです。

フォロワーの5つのタイプ

ロバート・ケリー教授は以下の「批判的思考」「積極的関与」2つの基準をもとに、フォロワーの種類を5つのタイプに分類しました。

  • 批判的思考:リーダーの指示・決定を自分で深く考え、建設的な批判・提言ができる
  • 積極的関与:リーダーからの指示・決定を前向きに捉え、チームの目標達成に向けて積極的に協力できる

模範的フォロワー

模範的フォロワーは、しっかりと自分の意見を持ち建設的な批判ができることに加え、チームのメンバーをまとめ上げる力にも長けている理想的なフォロワータイプです。模範的フォロワーは、リーダーの「右腕」と言われることも多く、実質的にはリーダーと同格の立ち位置である場合も珍しくありません。

孤立型フォロワー

孤立型フォロワーは、批判的な発言が多く、組織に対する貢献度はあまり高くないフォロワータイプです。孤立型フォロワーは、他のメンバーから「問題児」「チームで仕事をするのには向いていない」「頑固」という印象を持たれがちです。

しかし、現時点で孤立型フォロワーであったとしても組織への貢献を意識させれば、模範的フォロワーになり得る存在です。

順応型フォロワー

順応型フォロワーは、リーダーの意見を批判することなく、方針や決定に対し従順に従うフォロワータイプです。リーダーからは、素直な人であると評価される反面、メンバーからは信念がなく言いなりになるイエスマンだと批判される場合もあります。
順応型フォロワーの大半は自分の意見を持たないため、リーダーの指示待ちをすることが多く、提案力は期待できません。しかし、指示されたことは忠実に実行する気質のため、組織では重宝される存在でもあります。

消極的フォロワー

消極的フォロワーは、組織に対して積極的に関わらず、かといって批判もしないのが特徴のフォロワータイプです。このタイプは自分の意見を持たないため、業務に関する提案をせず、組織への貢献度が低いと言えます。また、フォロワーとしての働きができているかが曖昧で、実質的にはフォロワーと呼べない場合も多いとされています。

実務的フォロワー

実務的フォロワーは、自身に与えられた仕事はしっかりこなしますが、それ以上の行動は期待できないフォロワータイプです。チームメンバーからは「バランスのよい人材」と評価される一方で、「挑戦する姿勢がない」「官僚的な傾向がある」という印象を持たれることも多いと言えます。

フォロワーシップの行動例

積極的に仕事を引き受ける

現代においては組織のフラット化が進んでいるため、リーダーは自分の業務をこなしながら指示・決定を行なっている場合も多いでしょう。このような場合、フォロワーが積極的に仕事を引き受けることで、リーダーはリーダー業務に集中できるようになります。

リーダーがマネジメントに集中して適切な指示・決定を行なうことで、チームは課題解決に向けて前進できます。

自分の意見をはっきりと伝える

リーダーの指示・決定に問題があると考えられる場合には、積極的に意見しましょう。常日頃、建設的な意見を主張できていれば、リーダーとフォロワーの間に緊張感を持たせることができます。程よい緊張感によって、1人ひとりが率先して勉強をしたり、業務を改善したりするなどの好循環が生まれるという効果が見込めます。

組織全体の利益を考える

自分やチームの利益だけではなく、会社や顧客のニーズなど、全体の利益を考えて行動できるフォロワーは重宝されます。より多くの人の利益を考えられるようになれば、自分自身の視野が広がり、結果的にリーダーシップを養うことにもつながります。

フォロワーシップを発揮するためのポイント

自分のフォロワータイプを知る

フォロワーシップを発揮するためのポイントとして、自分のフォロワータイプを知ることが大切です。フォロワー1人ひとりが自分の強み・弱みを把握して改善を図れば、組織にとってよい効果をもたらすでしょう。

例えば、順応型フォロワーなら何に対しても従順に従うのではなく、しっかりと自分の意見を持ち、臆さず提案をする姿勢を身につけることが求められます。

批判的思考を意識する

リーダーがよりよい方向へとチームを導けるように、批判的思考を身につけることも重要です。フォロワーシップに求められるのは、イエスマンではなく時には批判的な意見ができる力です。
リーダーの指示・決定に対してあえて批判的な視点を持つことで、組織の活性化や客観性の維持につながります。

リーダーが持つ役割や組織のゴールを把握する

フォロワーシップを発揮するためには、リーダーが持つ役割や組織のゴールを把握することも重要です。リーダーの持つ役割を知ることで、自分に与えられた業務が全体の利益にどう貢献できるのかを客観的に把握できるようになります。

また、本来の目的から外れていることに時間を掛けすぎると、生産性を下げる原因になりかねません。限られた時間の中で、本来の目的を達成するにはどう行動すればよいかを第一に考えて取り組むようにしましょう。

ダウンロード ダウンロード
ダウンロード

今さら聞けない、営業マネージャーが知っておくべきKPI・KGI

無料でダウンロードするために
以下のフォーム項目にご入力くださいませ。

経営・マネジメントおすすめの記事

2020年3月12日

魅力的なブランドコンセプトとは?事例や作る際のポイントを紹介!

2018年8月8日

無料のグループウェア5選!求める機能に応じて選ぼう

2018年7月5日

ニッチ市場とは?戦わないことで成功した企業の事例を紹介