この記事は 2 分で読めます

ナレッジワーカーとは|求められるスキルや具体的な仕事・職種例を紹介

URLをコピーする

「ナレッジワーカー」という言葉をご存知ですか?ナレッジワーカーは、ITの運用が高度化している現代において注目を集めている存在です。

この記事では、ナレッジワーカーの概要や求められるスキル、代表的な職種を紹介します。

ナレッジワーカーとは、知識によって新たな付加価値を生み出す労働者のこと

ナレッジワーカーとは、知識を意味する「ナレッジ」と労働者を意味する「ワーカー」を組み合わせた造語で、知識によって新たな付加価値を生み出す労働者のことを指します。ナレッジワーカーという言葉は、社会学者・経済学者として知られるピーター・ドラッカー氏が自身の著書『新しい現実』内で提唱した言葉として知られています。

ナレッジワーカーは、モノづくりに携わる単純労働者に対する言葉であると言えます。

注目されている背景

ナレッジワーカーが注目されている背景として、AIやロボットの登場を中心とするITの高度化が挙げられます。ITの高度化が進んだ今だからこそ、AIやロボットに置き換えられない人材が求められています。ナレッジワーカーには、単にマニュアル通りにこなす業務ではなく、既にある情報を活用して新たな価値を創出する業務など、高度な知的活動が求められます。そのため、豊富な知識や経験を有し、それを活用できる人間だからこそ成り立つ職業であると言えます。

競争の激しい現代で企業が生き残っていくためには、マニュアル通りに作業するだけの人材ではなく、高度な知識によって新たな付加価値を生み出すナレッジワーカーが必要なのです。

マニュアルワーカーとの違い

ナレッジワーカーの対義語として、「マニュアルワーカー」が挙げられます。マニュアルワーカーとは、製造現場や工場においてマニュアルに沿って働く単純労働者を指します。高度経済成長期において需要が高まり、生産性を大きく向上させた存在として知られています。

マニュアルという枠にはまらず、知識や経験から新たな付加価値を生み出すナレッジワーカーに対し、マニュアルワーカーは決められた手順に沿って業務を遂行するという点で異なります。

ホワイトカラーとの違い

ナレッジワーカーとよく比較される言葉として、「ホワイトカラー」が挙げられます。ホワイトカラーとは、ワイシャツなどの「白い襟」の服を着て働く労働者、つまりオフィスで頭脳労働に従事する人々を指します。

ナレッジワーカーとホワイトカラーは、共にオフィスで働く労働者という点では共通しています。しかし、一般的にホワイトカラーは単にデスクで与えられた業務をこなすという印象を持たれている一方、ナレッジワーカーは与えられた業務だけでなく、自ら動いて問題を解決するという点で異なります。

ナレッジワーカーに求められるスキル

情報収集力

ナレッジワーカーに求められるスキルの一つとして、情報収集力が挙げられます。ナレッジワーカーが業務を行う上で、高度な知識は必要不可欠な存在です。さらに、その莫大な知識を正しく理解し、整理した上で分析しなければならない場面も多くあるでしょう。

独自の発想力

ナレッジワーカーには独自の発想力も必要です。知識を収集し蓄えることも重要ですが、業務上で活かしていく上では、オリジナリティを重視した発想ができる人材は重宝されます。既存のものとは異なる、まだ誰も考えついていないアイデアや他社との差別化を図れるような提案が求められるでしょう。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力もナレッジワーカーにとって必要なスキルです。ナレッジワーカーの仕事上、クライアントの話を聞いて潜在的な課題を発見し、解決する必要があります。また、表面上ではなく、相手が本当に求めていることを深く理解する力が求められるため、傾聴力や理解力も重要だと言えます。

ナレッジワーカーの代表的な職種

コンサルタント

コンサルタントとは、知識労働によって企業や行政機関の抱えている課題を解決する職種です。コンサルタントには、クライアントの立場に立って提案できる専門的な業界知識が求められます。

具体例には、経営戦略のコンサルティングを専門とする経営コンサルタントや、ITシステムの開発・導入支援に関するコンサルティングを専門とするITコンサルタントなどがあります。

ITエンジニア

ITエンジニアとは、企業の生産性向上や業務効率化といった目的のためにシステム開発を行う職種です。ナレッジワーカーの特徴として、「時間・場所にかかわらず知識労働によって成果を上げる」という性質が挙げられます。ITエンジニアは、オフィスに出社せずともリモートワークを活用して成果を上げている人材が多く存在するため、近年ではナレッジワーカーの一つとして考えられています。

金融ディーラー

金融ディーラーとは、クライアントからの依頼により預かった株・債権を売買し、差益を生み出すディーリングを専門的に行う職種です。世界中の政治の動向や国際情勢の変化が相場に大きな影響を与えるため、普段からの情報収集が欠かせません。また、それらの情報を用いて、日々変化する通貨の価値を判断していく必要があります。

完全実力主義の世界であり、若手でも高給が得られることから人気がありますが、非常にハイレベルな能力が求められる職種と言えるでしょう。

マーケター

マーケターとは、売上を作り利益を上げるマーケティング業務に従事する職種です。マーケティング業務においては、ユーザーのニーズを満たす価値の創造や、ユーザーに価値を届けるための戦略立案などの業務が中心です。

現代はただ商品を作れば売れるという時代ではなく、ソーシャルメディアの発達・社会的課題の顕在化・市場の成熟といった背景から、社会的・精神的な価値がより重視される時代に変化しています。このニーズに応えて、ユーザーが求める価値を提供していくためには、マーケターが行う知識労働が必要不可欠なのです。

ダウンロード ダウンロード
ダウンロード

今さら聞けない、営業マネージャーが知っておくべきKPI・KGI

無料でダウンロードするために
以下のフォーム項目にご入力くださいませ。

経営・マネジメントおすすめの記事

2020年3月12日

魅力的なブランドコンセプトとは?事例や作る際のポイントを紹介!

2018年8月8日

無料のグループウェア5選!求める機能に応じて選ぼう

2018年7月5日

ニッチ市場とは?戦わないことで成功した企業の事例を紹介