この記事は 5 分で読めます

MAツール厳選3つを比較|比較の際に確認すべきポイントも紹介

URLをコピーする

MAツールを導入したいけれど、どのようなツールを選べばよいか分からず悩んでいませんか?
今回は、MAツールの概要や主な機能、比較する際に確認すべきポイントを紹介します。

MAツールとは、マーケティング活動を自動化し、営業活動を支援するためのツール

MAツール(マーケティングオートメーションツール)とは、新規顧客獲得や見込み顧客育成などのマーケティング活動を自動化して、営業活動を支援するためのツールのことです。具体的には、マーケティング活動における集客や販売促進、メール配信、顧客管理などの業務を自動化しマーケティング活動を効率化します。

MAツールの詳細は以下の記事をご参照ください。

合わせて読みたい記事
MAツールとは|備える機能やメリット・デメリットを紹介します見込み顧客の育成には多くの工数を要する上に、多数の顧客を管理していると商談をかける適切なタイミングを見逃してしまう場合があります。そこで...

MAツールに搭載されている主な機能

MAツールに搭載されている主な機能には、以下のようなものがあります。

  • リード獲得・情報管理機能
  • シナリオ設計機能
  • スコアリング機能
  • メール配信機能
  • Webページ・コンテンツ作成機能
  • Web行動分析・解析機能
  • 顧客管理システム連携機能

MAツールを比較する際に確認すべきポイント

自社にとって必要な機能が搭載されているか

MAツールを比較する際には、まず自社にとって必要な機能が搭載されているかを確認しましょう。メール配信や顧客管理などの基本的な機能だけでなく、イベントの参加登録フォームやWebコンテンツの作成に関する機能など、自社が求めている機能が搭載されているものを選ぶとよいでしょう。

また、BtoBとBtoCではマーケティングのプロセスや見込み顧客の数が違うため、必要な機能が異なります。基本的にはBtoB向け、BtoC向けと区別されていないため、自社のビジネスに合うものを選びましょう。

BtoBに適したMAツールを選ぶ際は、スコアリング機能が充実しており、見込み顧客ごとにステータス管理が行えるものを選びましょう。また、BtoCの場合は、Webサイトや広告など様々なチャネルに対応しているものを選ぶとよいでしょう。

自社で使いこなせるか

MAツールは自社で使いこなせるものを選ばなければなりません。アメリカなどから輸入された海外のMAツールは、多様な機能が搭載されておりマーケティングに関する知識がないと使いこなすのが困難です。マーケターの人員が少ない場合や育成途中である場合には、カスタマーサポートが手厚い日本製のMAツールを選ぶとよいでしょう。

また、MAツールは無料体験版を提供している場合も多いため、導入前に使用感を確認しておくとよいでしょう。

費用対効果が得られるか

MAツールを選ぶ際には価格だけでなく、費用対効果が得られるかについても確認しましょう。まず、導入を検討しているツールの初期費用、月額使用料、オプション料など必要な経費を計算します。次に、MAツール導入後の売上を予測し、削減できる人件費を算出した上で、それが必要経費を上回るかを検討します。

MAツールの機能だけでなく費用対効果も確認しておくと、コストをかけたけれど思うような効果が得られなかったというリスクを抑えられます。

導入後のサポート体制が整っているか

MAツールの運用がスムーズに定着するように、導入後のサポート体制が整っているのかを確認しましょう。特にマーケティングに特化した人材が足りない場合は、初期設定や使用方法が分からず導入が滞るおそれがあります。

MAツールには一般的に、FAQサイト、電話、メール、チャットなどのサポートがあります。海外のMAツールの中には、FAQサイトが日本語に対応していないものもあるため、自社にとって必要なサポートや、サポートへの連絡の取りやすさなどを考慮しておきましょう。

厳選MAツール3つを比較

HubSpot

「HubSpot」公式サイト:https://www.hubspot.jp/

HubSpotはコンテンツの作成やリードへの転換、SEO対策、ROI測定などが行えるMAツールです。また、同じくHubSpot社が提供する営業効率化ツール「Sales Hub」、カスタマーサポート支援ツール「Service Hub」との連携も可能です。日本語でのカスタマーサポートにも対応しています。

【料金】
初期費用無料

  • 「Starter」プラン:月額6,000円〜
  • 「Professional」プラン:月額96,000円〜
  • 「Enterprise」プラン:月額432,000円〜

【主な機能】

  • Eメールマーケティング
  • フォーム作成
  • LP作成
  • コンタクト管理
  • Facebook・Google・LinkedInの広告管理
  • リターゲティング広告
  • トラフィックとコンバージョン分析

b→dash

「b→dash」公式サイト:https://bdash-marketing.com/

b→dashはプログラミングの知識がなくてもデータの処理や加工ができるMAツールです。UI/UXがわかりやすく、自社のマーケティングに必要な機能だけを選んで導入できるため、使いこなしやすいツールと言えます。また、データの取込や統合、変換・活用までの全工程を画面操作のみで完結できる機能を搭載している点も特徴です。

【料金】
初期導入費用(オンボーディングプログラム導入費用)500,000円
月額料金は要問い合わせ

【主な機能】

  • コンテンツ配信
  • データ統合
  • メール管理
  • ランディングページ作成
  • 登録フォーム作成
  • ABテスト
  • 広告管理
  • SNS連携

SATORI

「SATORI」公式サイト:https://satori.marketing/

SATORIはリードジェネレーションを強みとしており、メール配信機能やスコアリング機能が充実しているMAツールです。マニュアルや資料、カスタマーサポートなどが充実しており、国内1,000社以上の導入実績があります。国産ツールのため、サポートなどはすべて日本語で受けることが可能です。

【料金】
初期費用300,000円
月あたり148,000円(年間契約)

【主な機能】

  • リード管理
  • リードジェネレーション
  • リードナーチャリング
  • リードクオリフィケーション
  • オートメーション
  • マーケティング施策結果のレポート作成
ダウンロード ダウンロード
ダウンロード

これからはじめるBtoBマーケティング施策入門書

無料でダウンロードするために
以下のフォーム項目にご入力くださいませ。

ビジネススキル・知識おすすめの記事

2020年9月17日

【新人必見!】効率のよい仕事の進め方とは?手順に沿って紹介します

2020年3月24日

ビジネスにおける定量分析とは?定性分析との違いも解説

2018年10月1日

無料の営業日報用アプリ・ツール5選!課題を見える化して売上を伸ばそう