この記事は 4 分で読めます

カスタマージャーニーマップの無料テンプレート4選|選び方も解説

URLをコピーする

顧客のニーズを把握するためには、その行動や思考を予測することが重要です。そこで役立つのがカスタマージャーニーマップです。

しかし、使おうとする状況ごとに適切な表の内容や細かさが異なるため、一筋縄ではいきません。そこで本記事では、無料で使えるカスタマージャーニーマップのテンプレートと、状況に合わせた選び方を解説します。

カスタマージャーニーマップとは、顧客が商品を認知してから購入するまでの思考を時系列に沿って予測した表のこと

カスタマージャーニーマップは、商品に対する顧客の行動や思考・感情の変化を、時系列ごとに予測したものです。商品を認知してから、購入に至るまでの過程を旅に例えて、この名前が付けられています。

カスタマージャーニーマップを使うことで、顧客の行動や心理に対する俯瞰的な視点が持てるほか、顧客への認識の共有や、ニーズに合わせた商品の改善がやりやすくなるというメリットがあります。

カスタマージャーニーマップについて、詳しくはこちらも参照ください。

合わせて読みたい記事
カスタマージャーニーマップの基本|作り方と注意点を解説カスタマージャーニーマップというツールをご存知ですか?聞いたことはあるけれど、作ったことはないという方も多いのではないでしょうか。この記...

カスタマージャーニーマップの作り方

1. ペルソナを決定する

カスタマージャーニーマップを作る第一歩は、ペルソナを設定することです。ペルソナとは、対象となる商品を利用する典型的なユーザー像です。あくまで仮想的な人物ですが、その人のニーズがおのずと導き出せるように、属性や経歴、生活の様子などを詳細に決めておきましょう。

2. 縦軸と横軸の数と内容を決める

ペルソナを決めたら、その想定に合わせて表の枠組みを作ります。具体的には、顧客の状態についての分析項目である縦軸と、時系列・フェーズである横軸を決定します。これらの項目の適切な内容と粒度は、状況によって異なります。

テンプレートを使えば項目を自分で考えなくてもよくなりますが、状況に合わせて内容と粒度は慎重に選ぶ必要があるでしょう。

3. ペルソナをもとに表を埋める

表の項目が決まったら、ペルソナをもとに表の中身を埋めていきます。設けたフェーズごとにペルソナがどのような行動や思考をするかを予想し、表に記入していきましょう。

この時、企業が顧客にしてほしい行動ではなく、あくまでペルソナの情報を基に、その人が選ぶであろう行動を書き込んでください。

4. 情報に基づいて内容を修正する

表を埋めたら、その内容をブラッシュアップしていきます。ここまで作ってきたものはあくまで想像上の人物を基にした内容なので、アンケートやインタビューなどで実際の顧客データを取り、表の中身を適宜修正していきましょう。

テンプレートを選ぶポイント

共有しやすい形式を選ぶ

カスタマージャーニーマップは、バイアスを除くために複数人で作った方が良いとされています。そのため、テンプレートを選ぶ際には、共有しやすいものを選ぶと便利です。

クラウド型ならば簡単に共有できますが、配布されているテンプレートの形式はパワーポイントやエクセルの方が多いので、その場合はGoogleドライブやOneドライブにアップロードして、複数人で編集できるようにしましょう。

ペルソナに応じて表の細かさを選ぶ

適切な表の項目数は、ペルソナに応じて変わります。特に、そのペルソナの所属は表の項目数に大きく影響します。

BtoBを想定する場合、ペルソナとして想定する担当者だけの判断で購入が決まることはほぼありません。そのため、複数の要因やフェーズを考慮した細かい表が必要になります。

複雑すぎるものにしない

最終的に販売戦略へ活かすことを考えると、あまりに詳細な設定は逆効果になります。ペルソナを細かく設定すればそれだけ対象が狭まりますし、表のフェーズや分析項目を増やせば、それら全てが当てはまる人を前提としたマップができあがるため、応用が効きにくくなります。目的を意識して、適切な粒度に抑えましょう。

カスタマージャーニーマップ無料テンプレート4選

INNOVA

「INNOVA」が配布するテンプレートは、BtoB用とEC用の2種類あります。表の入力サンプルやペルソナの作成ブックなどが添付されており、作り方を丁寧にガイドしてくれます。

フォームに企業名やメールアドレスなどの必要情報を入力することで、テンプレートをダウンロードできます。

Hubspot

「Hubspot」が配布するテンプレートは、購入に至るまでの過程や顧客の現状など、目的ごとに7種類用意されています。さらに、メリットや注意点、作成手順なども付記されており、作成を助けてくれます。

フォームに企業名やメールアドレスなどの必要情報を入力することで、テンプレートをダウンロードできます。

ミエルカ

「ミエルカ」は、カスタマージャーニーマップに加え、ペルソナシートのテンプレートも配布しています。それぞれに作成例もついているので、具体的なイメージが付きにくい場合にオススメです。

フォームに企業名やメールアドレスなどの必要情報を入力することで、テンプレートをダウンロードできます。

bizocean

「bizocean」が配布するテンプレートは、現状(As-Is)用と理想(To-Be)用の2種類があります。横軸は細かく10フェーズに分けてあり、BtoBに向いています。

無料会員登録を行えば、テンプレートをダウンロードできます。

ダウンロード ダウンロード
ダウンロード

持ち運べる!BtoBマーケティング用語単語帳

無料でダウンロードするために
以下のフォーム項目にご入力くださいませ。

ビジネススキル・知識おすすめの記事

2023年9月4日

【厳選】請求書電子化サービス6選|メリットや確認すべきポイントも解説

2020年9月17日

【新人必見!】効率のよい仕事の進め方とは?手順に沿って紹介します

2020年3月24日

ビジネスにおける定量分析とは?定性分析との違いも解説