顧客管理・CRM・SFA

CRMをマーケティングに活用!導入のメリットや便利なツールを紹介

マーケティングに携わっている方なら、「CRMを活用したマーケティング」について聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

今回は「CRMとはなにか?」から、CRMをマーケティングに導入するうえで有効なツールの紹介までを行っていきます。

そもそもCRMとは?

CRMとは「Customer Relationship Management」を略したものであり、日本語では「顧客管理」 「顧客関係管理」と訳されます。

顧客情報を収集・分析することを通して、ターゲットとする顧客に最適なセールスプロモーションを行うことを最大の目的としています。顧客との信頼関係に重きを置き、長期的に成果を上げる手法のひとつです。

また、CRMと混同されやすい言葉として「営業支援システム」と訳される「SFA」が挙げられます。しかし、SFAは得られたデータを管理・分析することによって、営業活動の効率化を図ることを目標としている点においてCRMとは異なります。

CRMを用いたマーケティングのメリット

ターゲットを絞り込むことができる

まず、CRMを導入することによって顧客の特徴や属性を推測し、ターゲットを絞り込むことができます。ターゲットを明確にすることによって顧客がどのようなものを求めているかどのようなプロモーションが最も効果的かを考えられるようになります。

一元的な管理を行うことができる

CRMの導入によって、チーム内の他のメンバーとの顧客情報の共有が可能になります。また、営業やカスタマーサービスなどの他部署との情報を共有するためにも効果的なツールです。様々なツールや分野間のデータの共有によって新たな観点からのデータの分析も可能になるでしょう。

顧客の満足度を高めることができる

的確なセールスプロモーションを行うことによって顧客の満足度が高まります。これによって顧客との信頼関係が生まれ、サービスのリピート率の上昇アップセルクロスセルが見込めます。また、適切な管理を行うことで、のちのカスタマーサポートにも活用することが可能になります。

CRMを活用したマーケティングの具体的なステップ

1. データを収集し、蓄積する

CRMをマーケティングに導入するために、まずは顧客データの収集や蓄積、管理を行います。

CRMを活用する際に用いられるデータの例として

  • 年齢や性別などの人口統計的変数
  • 行動範囲の広さや文化、気候などの地理的変数
  • 扱っている商品などの種類、物理的特徴などの属性変数
  • ターゲットの状態や利用頻度などの行動変数
  • ターゲットの性格、生活様式などの心理的変数

が挙げられます。

その他、顧客の連絡先や購入履歴なども用いられるデータの例として挙げられます。

なお、データの収集にはコストがかかるため、ある程度のターゲットを限定した上でデータの収集を行うことが望ましいです。

2. 収集されたデータを分析する

次に、得られたデータを分析します。

得られた情報に基づく属性や条件によって顧客を分類することや、特徴によって重さを付与し見込み客を評価するなどの手法が考えられます。

3. データをマーケティングに活用する

以上で得られた顧客情報をもとに、セールスプロモーションの最適なターゲットや手法が絞り込めます。また、すでにプロモーションを行っている顧客に対しては、どのようなプロモーションをどのタイミングで行うのが効果的か策定しやすくなります

データをマーケティングに活用した後も定期的にデータの収集を行い、施策の成果を確認するとともに、さらなる営業活動の最適化を図りましょう。

CRMツールを活用し、効率的にマーケティングを行う

CRMをマーケティングに導入する際、大量の顧客情報を集め、適切な分析を行うことが求められます。そこで、CRMツールを導入することで膨大な量の情報の管理が容易になり、効率的/効果的に情報管理を行うことが可能になります。

また、グラフや図などの資料の作成も可能になり、得られたデータの可視化を図れるほか、メンバー間の共有や顧客への個別資料としての提供に活用できます。

詳しくはこちらを参考にしてみてください。

あわせて読みたい
法人顧客のデータベースを管理するだけではないCRM(顧客管理)ツール導入のメリット営業やビジネスにおいて非常に大切なのが顧客との良好な関係づくりですよね。 顧客との関係づくりの際に、よく用いられているマネジメント手法...

活用できるCRMツールのサービス例:

Microsoft Dynamics 365 Excel、Word、Office 365などのMicrosoft製品との連携が可能
Salesforce Essentials 社内コミュニケーションツールを搭載し、モバイルでも使用可能
Zoho CRM メールや電話、チャットツールなどを集約し、AI「Zia」を搭載
kintone アプリを自作し、日報や案件管理などの機能をもたせることが可能
SAP CRM マーケティングやセールス、保守・修理などのサービスを連携させる

導入する規模や利用価格、インターフェースに差はありますが、以上のようなサービスがCRMツールの代表例として挙げられます。

また、以下の記事でも詳細にCRMツールの解説をしているので参考にしてください。

あわせて読みたい
中小企業におすすめの顧客管理(CRM)システム6選CRMとは、「Customer Relationship Management」の略称で、「顧客関係管理」と直訳でき、その言葉通り 顧客...
まとめ

いかがでしたか?

CRMツールの中には無料体験ができるものも存在します。

自社に適したサービスを選択し、より効率的で効果的なマーケティングを行っていきましょう!