営業スキルアップ

今すぐできる!テレアポで受付を突破するコツを紹介

新規顧客獲得のためテレアポを行っているけれど、受付で断られてしまいアポ獲得までいかない、と悩んでいませんか?

今回は、テレアポで受付を突破するポイントを紹介します。すぐに実践できる内容なのでぜひ参考にしてみてください。

受付がテレアポを断るのは、会社にとって必要ないと判断したから

企業には毎日数多くの営業電話がかかってきます。
全てのテレアポに対応していてはキリがないので、代表者や担当者から「内容に関わらずテレアポは断るように」という指示を受けている場合が多くあります。

さらに、会社に必要ないと判断した時は担当者の確認を取らず受付の独断で断っているケースも少なくありません。

受付で取り次いでもらえる場合とは

受付にテレアポを取り次いでもらえるのは、自社の社員を知っているなど、取引先や既存顧客である可能性が高い時です。

また、電話内容だけでは必要な情報か受付では判断できない時も、担当者に取り次いでもらえる可能性があります。

テレアポで受付を突破するためのポイント

担当者と電話をする時のトーン・声量で話す

テレアポを行う際は、申し訳ない気持ちが先行してしまい声のトーンや声量が下がってしまいがちです。そうすると、自信がないように感じられ、受付で断られる可能性が高くなります。

担当者と営業の話をする時のように、声のトーンを上げ明るい声でハキハキと自信をもって話すことがポイントです。

受付が聞いても有益な情報と思われる内容を伝える

偽りやまやかしなど内容が曖昧だと必要のない電話だと思われるので、受付が聞いても必要な電話と思えるよう要件を分かりやすく明確に伝えましょう。

受付に伝える情報は必要最低限でも相手に伝わるように、
「いつもお世話になっています。○○株式会社の●●ですが、△△部の▲▲様はいらっしゃいますか?」
などと、挨拶と誰に用事があるか明確に伝えましょう。

さらに、用件を聞かれた際は
「御社の営業活動のお手伝いができる営業リスト作成サービスの件とお伝えいただけますか?」
と、誰が聞いてもメリットがあるかもと思われるように商品名やサービス内容を活用し話すことがポイントです。

担当者を名指しで指名する

テレアポの際、「ご担当者様」「社長」という名称や役職のみで指名すると、それだけで営業だと思われ受付で断られる可能性が高くなります。

新規のテレアポの場合、担当者の名前が分からないことがほとんどだと思います。しかし、規模の大きい会社の役職者であれば会社サイトに情報が載っている場合が多いので、担当者の名前を事前に把握しておきましょう。

相手がもっと聞きたいと思える話し方をする

忙しい仕事中にテレアポを成功させるには、「もっと聞いてみたい」と思わせるようなトークが必要です。

例えば、どのくらいメリットがあるのか数字を入れて明確にすると、伝わりやすく興味が湧き、話を聞いてみようと思えます。

取り次ぎではなく、伝言を依頼する

受付では営業電話を取り次がないよう指示を受けていることが多いので、電話を担当者に代わってほしいと伝えると断られてしまう場合があります。

そこで、担当者に代わってほしいと言わずに、
「担当者に伝言をお願いします。」と伝えたいことを言い電話を切りましょう。

こうすると、後日「先日伝言させていただいた件でお話があるのでお電話させていただきました。」と電話を掛けると担当者につないでもらいやすくなります。

突破が困難な場合、資料送付の許可をもらい次回に繋げる

ポイントを実践しても受付突破できない場合は、受付に資料送付の許可をもらい次回に繋げましょう。この時に担当者の名前を確認することも重要です。

資料送付後に「お送りした資料の件について、〇〇様とお話させていただけないでしょうか?」とアプローチできます。これに対して受付は、以前担当者と話した人なのか確認しなくてはならず受付突破の可能性があがります。

まとめ

いかがでしたか?

テレアポで受付を突破するためにいくつかのポイントを紹介しました。すぐに実践できるポイントなので、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!