ビジネスマナー

「各位」正しく使えてますか?使い方を例文と合わせて解説

ビジネスメールや手紙などでよく目にする「各位」、正しく使えていますか?
今回は「各位」の正しい使い方を、例文付きで詳しく解説していきます。

「各位」は複数人を対象とした敬称

「各位」とは「みなさま」や「みなさま方」といった意味の言葉です。「各位」の「各」が大勢やみんななどの意味を、「位」が様という敬意を表します。よって各位は、複数の人を対象とした敬称の一つです。

たとえば、多くの人に向けて一斉にメールを送る時、はじめに「○○様」「△△様」と名前を列挙するのが難しい場合には「各位」と書くことで、すべての人に敬意を示すことができます。

あくまで複数人に対して使う言葉なので、個人に対して使用しないように注意しましょう。

「様」や「御中」との違い

ビジネスメールに用いる「各位」以外の言葉としては「様」や「御中」があります。

様は名前の後ろにつけることで敬意を表す表現です。各位は複数の人に対して用いる敬称であるのに対し、様は個人に対して用いる敬称です。様自体に敬意が含まれているので、部長など、その言葉自体に敬意が含まれている役職と共に用いることはできません。また、様と同様に名前の後ろにつける言葉として「殿」がありますが、「殿」は様よりも敬意が軽い表現であり、目下の者に対して使用することが多い表現です。

御中は社名や組織など、団体名の後ろにつけることで敬意を表す表現です。文面上でのみ用使用できます。各位は複数の人に対して用いる敬称であるのに対し、御中は団体に対して用いる敬称といえます。

「各位」は送り先に目上の人が含まれる場合も使用できる

各位は敬称なので、送り先に目上の人が含まれている場合でも使用できます。

取引先や会社の上司などにも使用してかまいませんが、場合によっては簡素すぎて冷たい印象にならないか心配な人もいるかもしれません。

そのような懸念がある時は、下記のように特定の目上の人のみ取り出して表記し、あとは各位と表記するのも一つの手段です。

【会社の部署内でメールを回す際の例】

〇〇部長
△△課長
及び関係者各位

このように、状況などを見て各位の使い方を選んでいきましょう。

「〇〇様各位」はNGだが「お客様各位」はOK

各位はそれ自体が敬った表現のため、前後に敬称を用いるのは誤った使い方です。

たとえば「各位様」や「○○様各位」といった表現は二重敬語になるので間違いです。

ただし、「お客様各位」という表現は例外で、「お客様」の「様」は言葉として一体化しており「様」を抜くと不自然であるため、一般的に使われています。
同じように「お得意様」も「様」を抜くと違和感のある表現になってしまうので、「お得意様各位」も例外として使えます。

【用法の例】

×関係者様各位 → 〇関係者各位
×担当者各位様 → 〇担当者各位
×株主各位殿  → 〇株主各位
×お客各位   → 〇お客様各位

各位を使った例文

社内向け

  • ○○会参加者各位 会場変更のお知らせ
  • プロジェクト関係者各位 進捗状況の報告
  • 管理職各位 アンケートのお願い
  • 関係者各位 記念式典のお知らせ
  • △月□日に交流会を行います。つきましては、各位のご参加をお待ちしております。

社外向け

  • 営業部 ご担当者各位 いつも大変お世話になっております。
  • 株主各位 拝啓 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
  • 取引先各位 本社住所変更のお知らせ
  • 販売店各位 発注に関するお願い

顧客向け

  • お客様各位 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • お得意様各位 平素は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。
  • お客様各位のご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

「各位」を英語で表現する方法

近年ではグローバル化が進んでおり、英語でビジネスメールのやり取りを行う場面も増えています。「各位」を英語で表現する方法も押さえておきましょう。

各位は英語で「Dear all,」などと表記します。
英語の宛名について詳しく知りたい方は以下の記事を参照してください。

あわせて読みたい
【例文付】英語ビジネスメールの書き出しを状況別に紹介英語のメールでの書き出し、どう書けばいいのか迷いますよね。 メールの要件や、相手との親しさによっても表現は変わってきます。 今回はビ...
まとめ

いかがでしたか?

「各位」は複数の人に対して敬意を表す言葉なので、大勢にメールや文書を送る時に非常に便利です。
使い方を正しく理解して、活用していきましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!