ビジネスメール

ビジネスメールでお礼の返信をする時のマナーは?すぐ使える例文付

ビジネスシーンで相手に質問や報告をした後、返信が来たらお礼のメールをするのが一般的です。
その際相手に失礼のないよう、基本的なマナーと書き方についてこの記事でしっかりと確認しましょう。よく使うフレーズと状況別の例も紹介してますので、参考にしてみて下さい。

お礼の返信をするときのマナー

なるべくすぐに返信しよう

問い合わせや報告に対する返信が来たら、すぐにお礼の返信をするのが鉄則です。
基本的には、メールが届いたその日、相手の営業時間中には返すようにしましょう。

忙しくてなかなか返信する暇がない、という場合には、メールが届いてから24時間以内を目安に返信してください。
次の日になった時は、「返信が遅れて申し訳ありません」などの一言を忘れないよう注意が必要です。

件名はそのままで、返信不要の場合はその旨を伝える

お礼の返信をする場合、相手から送られてきたメールの件名はそのままで構いません。
件名をそのままにすることで、相手も一目で何に対する返信かわかります。

また、追加で質問や報告などがない場合は、相手に「返信不要」の旨をきちんと伝えることも気遣いの1つです。

あわせて読みたい
ビジネスメールに返信するときの件名の書き方|「Re:」は消すべき?メールでのやり取りをするとき、返信の件名に「Re:」が付くのを見たことがあると思います。 ビジネスメールのやり取りをする際、社内でルー...

お礼の返信メールにつかえるフレーズ

それでは、お礼の返信メールに使えるフレーズを紹介していきます。

【書き出し】

・素早いご対応に感謝致します。

・お忙しい中、すぐにご返信いただきまして、ありがとうございます。

・○○の件、早速ご返信頂きありがとうございました。

・急な申し出にすぐに対応して頂き誠にありがとうございます。

・お忙しいところご返信頂きまして、ありがとうございます。

・ご多忙のところ、早々にご回答いただき大変恐れ入ります。

・ご丁寧にご連絡をくださいまして誠にありがとうございます。

・先日はご多忙にもかかわらず、打ち合わせにご足労いただき誠にありがとうございました。

・この度は、急な問い合わせにもかかわらず、早急にご返信いただき、誠にありがとうございます。

・ご多忙にもかかわらずご丁寧な返信を頂戴しまして、ありがとうございます。

【結び】

取り急ぎメールにてお礼申し上げます。

・取り急ぎメールにて恐れ入りますが、お礼を申しあげます。

・取り急ぎ、回答の御礼を申し上げます。

・本日は誠にありがとうございました。

・これからも宜しくお願いいたします。

・宜しくご指導ご鞭撻のほどお願いします。

・私どもでよろしければ、是非またお声かけください。

・ご助言およびご指摘ありがとうございます。

・なお、このメールへの返信は不要です。

・なお、本メールへの返信はお気遣いなされませんようにお願いいたします。

お礼の返信メールの例

就活の場合

件名:Re: Re:面接日程のご確認

○○株式会社
人事部 人事課
課長 鈴木 一郎 様

お世話になっております。

お忙しい中、すぐにご返信いただきまして、
誠にありがとうございます。

面接の日時に関しまして、〇月〇日〇時との件
承知いたしました。

ご丁寧に対応いただき、感謝申し上げます。

当日はよろしくお願い申し上げます。

====================
田中 太郎
abc@efg.ne.jp
携帯番号:123-4567-8901
====================

質問の回答が返ってきた場合

件名:Re: Re:貴社製品に関する質問

○○株式会社
営業部 鈴木 一郎 様

お世話になっております。

この度は、ご多忙のところ、
早々にご回答いただき大変恐れ入ります。

おかげさまで、貴社製品に関するトラブルについて
問題なく解決することができました。

また追加でご相談することもあるかと存じますが、
その際はお力添えいただければ幸いです。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

なお、本メールへの返信はお気遣いなされませんようにお願いいたします。

====================
△△産業株式会社
田中 太郎
abc@efg.ne.jp
携帯番号:123-4567-8901
====================

 

件名:Re: Re:プレゼン資料に関するご相談

鈴木課長

お疲れ様です。田中です。

お忙しいところ、早速ご返信頂きまして、恐縮です。

課長からのご意見を参考に
直ちにプレゼン資料の修正に取り掛かろうと思います。

ご助言およびご指摘ありがとうございます。
取り急ぎメールにてお礼申し上げます。

なお、このメールへの返信は不要です。

====================
△△産業株式会社
田中 太郎
abc@efg.ne.jp
携帯番号:123-4567-8901
====================

 

まとめ

いかがでしたか?
お礼の返信メールで一番大事なのは、「すぐに返信すること」です。
メールを確認したら、なるべくその場で返信を送るように心がけていきましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!