組織マネジメント

能力主義のメリット・デメリット|成果主義との違いも解説

企業における人事評価の方針を指す言葉のひとつに、能力主義というものがあります。
日本でも年功序列制度に代わって注目されてきた考え方で、他にも成果主義や実力主義・結果主義といった考え方があります。

今回は能力主義について、そのメリット・デメリットや他の考え方との違いを解説します。

能力主義とは、業務を遂行する能力に着目する人事評価の方針のこと

能力主義とは、肩書や年齢・学歴とは無関係に、個人の業務を遂行する能力に着目する人事評価の方針のことです。スキルや知識・業務への姿勢などを広く「能力」と捉え、研究・開発などの成果を出すのに時間がかかる分野では、成果に至るまでの過程も評価されます

かつて日本では、勤続年数の長さに応じて給与が高くなる年功序列制度を採用している企業が多く存在しました。しかし、年功序列制度では能力がない人でも長く勤めれば評価が上がってしまいます。
そこで、バブル崩壊後の不景気を契機に、多くの企業が年功序列制度から能力主義や成果主義に転換しました。能力や成果が評価されることで、適正に人件費を配分しコストダウンを達成しました。

メリットは、スキルを持った人材を確保しやすいこと

年功序列のように、実力のある人が評価されない恐れのある制度の下では、優秀な人材が能力を最大限に発揮できなかったり、評価が得られないことに不満を持って離職したりする恐れがあります。
反対に、能力・努力が適正に評価される能力主義の下では、自身の能力を評価してほしいと考える優秀な人材が集まってきます

また、能力主義においてはすぐに成果が上げられなくても、持っている能力や成果を得るまでの過程が評価されます。そのため、社員は新たなスキルを身に付けることに積極的になることができます

デメリットは、評価基準の設定が難しいこと

能力主義において評価されるのは、スキルや知識・業務への姿勢、成果を上げるまでのプロセスといった、客観的には把握するのが難しい要素です。そのため、能力主義を導入する際には、明確で公平公正な評価基準を設定することが難しいというデメリットが存在します。

評価基準が曖昧になってしまうと、社員の間での評価にバラつきが生まれ、不公平に感じる人が出てきます。適切に評価を行うためには、人事評価者の育成・研修といった制度の充実が必要です。

能力主義と成果主義の違い

能力主義と比較される考え方に成果主義があります。成果主義とは、仕事での成果そのものと、その成果に至るまでのプロセスに着目して評価を行う人事評価の方針です。年齢や学歴に関わらず評価を行うという点で能力主義と成果主義は共通しています。

この2つの考え方は、「何を評価対象としているか」という点で異なります。能力主義が「人」に着目し、能力の高さを評価する考え方であるのに対し、成果主義では「仕事」に着目してどのくらいの成果を上げたかを評価します

この違いは、ある社員が新たな部門に異動した場合などに現れます。能力主義の場合は、新たな仕事に慣れず成果が上げられなくても、スキルを持っていれば直ちに評価が下げられることはありません。一方成果主義の場合は、結果が出せなければ評価が下げられてしまいます。

成果主義については、次の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
成果主義を導入するために注意すべき3つのポイントを解説バブル崩壊後、伝統的な年功序列制度に代わって注目を集めた人事評価の方針が成果主義です。年齢に関わらず評価される、と言えば聞こえはいいです...

実力主義と結果主義

能力主義と成果主義の他にも、いくつかの人事評価の考え方を指す言葉があります。

実力主義は、個人の能力や仕事での成果のみに着目する人事評価の方針を指します。意味あいは、ほとんど成果主義と同じです。

結果主義は、営業成績などの数字に残るデータによって評価する方針です。仕事のプロセスも評価される能力主義や成果主義に対して、結果主義ではプロセスの評価は排除されます。

 

まとめ

いかがでしたか?

能力主義には、年功序列制度とは異なる特徴が存在しますが、能力が正しく評価され、スキルアップに挑みやすいという点は大きなメリットだと言えます。

成果主義や実力主義・結果主義といった似た言葉もありますが、この記事を参考に違いを覚えておくとよいでしょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!