業務改革・改善

テレワークのメリット・デメリットは?失敗しない導入のポイントを紹介

テレワークは、導入から定着まで時間を要すると言われていますが、自然災害や感染症の流行などでテレワーク導入の必要性が高まっています。

今回は、テレワーク導入のメリット・デメリットや導入の際のポイントを紹介します。

テレワーク導入のメリット

コスト削減が行える

テレワークはオフィスに出勤する必要がないので、通勤費やワークスペースの維持・管理費などの削減が行えます。

また、資料のデジタル化や情報共有ツールの導入などの業務デジタル化により業務改善・コスト削減につなげられます。

非常事態時でも事業継続が可能になる

非常事態でオフィスでの勤務が困難な場合でも、テレワークを導入しておくと業務が継続でき事業の損害を最小限に抑えることができます。

非常時などにテレワークを運用するために、平常時からテレワークを活用しスムーズに運用できるようにしましょう。

ワークライフバランスの実現により定着率が向上する

テレワークを導入すると、育児や介護と仕事の両立などワークライフバランスがとりやすくなります。出産や病気、介護などでライフスタイルが変化したときにも、退職以外の選択肢ができ従業員の定着率向上につながります。

また、障害などで通勤が困難な人や高齢者などの中にも、労働意欲やスキルを持っている人が少なくありません。テレワークの導入は、幅広い人材の確保にも有効です。

テレワーク導入のデメリット

情報漏洩のリスクが高まる

PCやタブレットなどの端末を外部に持ち出し作業をするため、紛失などの情報漏洩のリスクがあがります。

また、社内ネットワーク上で実施していたセキュリティ対策を、インターネット上でも行う必要があるため新たなセキュリティ対策が必要です。情報漏洩の対策として、情報の取り扱いなど従業員の教育を行いましょう。

勤務管理などマネジメントの手間がかかる

テレワークでは社員が働いている姿を実際に見ることができないため、労働実態を把握することが難しくなります。残業の管理や長時間労働の抑制が行えず、従業員のモチベーション低下につながる場合があります。また、勤怠管理のための集計作業が必要になるなど、マネジメントに手間がかかってしまいます。

コミュニケーションの機会が減り情報共有が滞る

テレワークを拡大すると、従業員同士で顔を合わせる頻度が落ち、コミュニケーションの機会が減ってしまいます。そのため、情報共有がスムーズに行えず業務効率が落ちてしまうことが考えられます。テキストでのやり取りが増えるので、感謝の気持ちを伝えるなど、コミュニケーションを積極的にとりましょう。

テレワーク導入のポイント

社内で優先順位をつけ限定的に導入する

チーム内や社内で一気にテレワークの導入を進めると混乱を招いてしまう可能性があります。初めてテレワークを導入する際には、導入後の効果が高そうなチームや人物をリストアップし、限定的に導入してみましょう。

ITツールを有効活用する

業務を円滑に進めるために、ITツールを有効活用しましょう。

・リモートアクセスツール
テレワークは自宅などオフィスから離れた場所で業務を行うため、データやソフトウェアに外部からアクセスできるリモートアクセスツールが必要です。社内情報を社外に持ち出すことで、顧客情報や機密情報などを盗まれる危険性があるので、情報漏洩を未然に防ぐためにもリモートアクセスツールを導入しましょう。

・勤怠管理
テレワークでは働いている姿が直接見えないため、勤怠の管理やマネジメントがしにくいという課題があげられます。そのため、出勤管理やシフト管理が自動で行える勤怠管理ツールを利用しましょう。

・チャットツール
遠隔で働くことによるコミュニーション不足を補うために、通話などが行えるコミュニケーションツールやチャットツールを導入しましょう。

あわせて読みたい
テレワーク導入の不安を解決!導入に必要な基本ツールを紹介しますテレワークを導入したいけれど、業務を円滑に進めるためにどのようなツールが必要か分からず悩んでいませんか? 今回は、テレワークに必要...

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、テレワークのメリットとデメリットを紹介しました。

テレワークの導入によって、コスト削減や人員定着率の向上などのメリットがあります。この記事を参考に、テレワークのメリット・デメリットを理解し導入を進めてみてください。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!