ビジネスモデル

事業プランの作成に役立つリーンキャンバスとは?書き方を紹介

リーンキャンバスという言葉をご存知ですか?

リーンキャンバスはビジネスモデルをまとめる際に役に立つツールですが、具体的な書き方まで知らない方も多いと思います。今回はリーンキャンバスの書き方や書く際のポイントを紹介していきます!

リーンキャンバスとはビジネスモデルをまとめるためのフレームワーク

リーンキャンバスはビジネスモデルの構築に必要な9つの要素を1枚の紙面上にまとめるフレームワークです。リーンキャンバスの「リーン」は英語のlean(効率的な/無駄がない)が語源であり、その名の通り、素早く事業を創造することに長けているので、スタートアップ企業や刻一刻と変化するIT関連のサービスにおいて、特に効果的です。

ビジネスモデルキャンバスとの違い

リーンキャンバスに類似したものとしてビジネスモデルキャンバス(BMC)があります。ビジネスモデルキャンバスはビジネスモデルの構造を考えるという点ではリーンキャンバスと同じですが、展開中の事業の状況を把握し、継続・さらなる展開を目指すためのフレームワークです。これに対し、リーンキャンバスは新しい事業を開発するためのフレームワークであるという点で異なります。

リーンキャンバスのメリット

俯瞰的な思考が喚起される

リーンキャンバスは事業に必要な9つの要素を1枚の紙にまとめて作成します。そのため、全体を俯瞰できるので思考の整理に役立つ他、複数人で認識を合わせたり、アイディアを出し合う際にも便利です。

作成と修正が容易

1枚のリーンキャンバスの作成には、数時間しかかからないため、素早い企画の立案が可能です。企画に問題があっても、即座に修正できるため、事業の成功確率が上がります。

リーンキャンバスの書き方

リーンキャンバスは次のような紙面上の9つの要素を記入することで完成します。要素ごとに説明していきます。

顧客セグメント

まずは誰に対してのサービスであるかを考えていきます。サービスの対象を定めなければ、適切な戦略も立案できないからです。

リーンキャンバスにおいてはアーリーアダプターを記入することが重要です。アーリーアダプターは新しいサービスや流行に敏感な層で、自社商品やサービスのリリース直後に顧客になってくれる人のことを表します。アーリーアダプターに普及するかどうかが、商品が普及するかどうかのカギになってくるので、明確に定義しましょう。

課題

次は課題を定義します。課題は優先順位が高い順に3つ記入しましょう。課題を発見する際はWhy「なぜ」を繰り返し考えて、質を見極めるようにしましょう。また、課題は顧客の視点で考えるようにしましょう。

課題の欄には既存の代替サービスも記入します。この際、同種の商品を扱う競合他社だけでなく、同じニーズを満たす商品を扱っており、競合となり得る会社についても考えましょう。例えば、眼鏡の代替サービスは他の眼鏡だけでなく、コンタクトレンズも当てはまる、などがあります。

独自の価値提案

代替サービスにはない、自社独自の価値を記入しましょう。自社独自の価値を考える際には、価格や機能などのサービス自体の価値だけではなく、特典やアフターフォローなど、複数の観点に注目しましょう。

記入に際しては、「代替サービスからなぜ差別化できるのか」「顧客に欲しいと思わせるバリュー」を明記することが大切です。

解決策

提供するサービスや製品に搭載する上位3つの機能を書きます。この際に重要なのは、本当に顧客の課題を解決するサービスであり、なおかつ自社独自の価値を盛り込んだ設定にすることです。

チャネル

顧客へ商品やサービスを届けるための販路と周知方法を決めます。直接販売と間接販売、オンラインとオフラインをどの割合で使うのかなどを、顧客セグメントやサービスの内容を加味して検討しましょう。

収益

商品の価格やマネタイズ方法(利益を得る方法)、顧客生涯価値について記入します。マネタイズするポイントの他、マネタイズするまでの導線の引き方も考慮しましょう。代表的なマネタイズの例としては、「商品を売って利益を得る」「一定期間の利用権に対し利益を得る」などがあります。商品の価格に迷った場合は代替サービスの価格を参考にしましょう。

コスト構造

人件費や流通コストなど、商品を提供するためにかかる一切のコストを記入します。細かくコストを割り出すのが難しい場合は概算値でも構いません。また、コストの削減案が存在すれば追加で記入しておきましょう。

主要指標

目標を達成しているかを表す指標(KPI)を決めます。どのような指標を用いるかを決めるだけでなく、達成すべき具体的数値まで算出しましょう。

KPIについて詳しく知りたい方は以下の記事を参照してください。

あわせて読みたい
【徹底解説】KPI・KGIとは?成果を出すためのKPIの設定方法を紹介ビジネスマンの方にとって、一度は聞いたことある「KPI」という言葉ですが、「KPIには、どのようなメリットがあって、どうやって設定すれば...

圧倒的な優位性

他社が簡単に真似したり購入したりできない強みを記入しましょう。長年の蓄積が必要であるものなどは該当しやすい一方で、アプリケーションなどは類似サービスが次々と台頭するので圧倒的な優位性には該当しにくいという特徴があります。圧倒的な優位性は、業界においてシェアを取れるかのカギになってくるので、しっかりと考えましょう。

リーンキャンバスを書く上でのポイントは順番

リーンキャンバスを作成する上で重要なのは要素を書く順番であり、「顧客セグメント」と「課題」を最初にしっかりと定義する必要があります。この2つがぼやけていると、サービス自体も曖昧なものになったり、事業開発を進める上で自分たちの理想を追い求めすぎて、気がつけば顧客のニーズにそぐわない内容になっていた、ということになりかねません。

逆に「顧客セグメント」と「課題」がしっかりと定義できていると、「課題を解決するために、どのような価値を届けたいのか」が自ずと見えてきます。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はリーンキャンバスのメリットや要素について解説しました。この記事をビジネスモデルをまとめる際の参考にしてください。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!