予算策定・コスト計算

営業利益と経常利益の違い|決算書に登場する「利益」を解説

決算書には「営業利益」や「経常利益」をはじめとする利益が登場します。しかし、これらの違いや計算方法をご存知でない方もいるのではないでしょうか?

今回は営業利益・経常利益の違いと計算方法、さらに他の「利益」についても解説します。

営業利益とは、企業が本業で得た利益のこと

営業利益とは、企業が本業によって得た利益のことです。ここでの「本業」とは、企業の中心となる事業や、本来的に行っている事業を指します。不動産の売却や株式の取引による利益は、「本業によって得た利益」には含まれません。
営業利益は、次のような式で計算することができます。

 営業利益 = 売上総利益 − ( 販売費 + 一般管理費 )

「売上総利益」とは、企業が販売活動によって得た粗利のことです。また「販売費」は販売手数料・運搬費・広告宣伝費・通信費・交際費、「一般管理費」は役員報酬・消耗品費・保険料・不動産賃料などを指します。
売上総利益に関しては、後ほど詳しく説明しますので確認してみてください。

営業利益には、事業経営力が反映される

営業利益は企業の本業の収益力を示すものであり、経営者の事業経営力が反映される指標となります。事業が順調に進んでいるかを判断する上で重要なものです。

営業利益から事業の収益性を判断する際には、他の数値も併せて確認するとより効果的です。例えば営業利益の数値が高くなった場合でも、単に広告宣伝費を削減したという理由である可能性もあります。売上高や売上総利益といった他の数値も併せて判断材料にしましょう。

経常利益とは、企業が本業と本業以外で得た利益の総計のこと

経常利益とは、企業が本業で得た利益に加えて、本業以外で得た利益を加えたものを指します。例えば、企業が本業に加えて不動産の賃貸を行っていた場合、不動産の賃料収入も合計されます。
経常利益は、次のような式で計算することができます。

 経常利益 = 営業利益 + 営業外利益 − 営業外費用

「営業外利益」には金融機関からの受取利息や支払利息など、「営業外費用」には支払利息などが含まれます。

経常利益には、企業の総合的な実力が現れる

経常利益は「企業が全体として利益を上げられているか?」を示す指標であり、企業の総合的な実力を反映したものであるといえます。経常利益をチェックすることで、企業の経営状態を知ることができます。
例えば営業利益が黒字の場合でも経常利益が赤字の場合には、利息支払いなどが多額になっており経営がうまくいっていない状態であるといえます。

決算書に登場するもう2つの「利益」

決算書に登場する「利益」には、営業利益と経常利益の他にも2つが存在します。

売上総利益とは、販売によって生じる粗利のこと

売上総利益とは、企業が販売活動によって獲得した粗利のことを指します。商品やサービスの力による利益であるといえます。
売上総利益は、次のような式で計算することができます。

 売上総利益 = 売上高 − 売上原価

「売上高」とは、商品やサービスを販売して得た総額のことです。そこから、商品の仕入れや製造過程で必要になった費用である「売上原価」を差し引いたものが売上総利益となります。

純利益とは、すべての利益と費用を計算に入れた最終的な利益のこと

純利益とは、企業が得たすべての利益から、税金などを含むすべての費用を差し引いた最終的な利益のことを指します。企業の最終的な収益性を測る指標となるほか、株主への配当金の原資ともなるため株主にとっても重要な指標です。
純利益は、次のような式で計算することができます。

 純利益 = 経常利益 − 特別損益・税金

「特別損益」とは、株式の売買による損益をはじめとする臨時的な損益を指します。
純利益については、次の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
純利益の意味と計算方法とは|営業利益や経常利益との違いも解説純利益という言葉を聞いたことはありますか? これは企業の決算書に登場する「利益」のひとつで、他にも売上総利益・営業利益・経常利益が存在...

 

まとめ

いかがでしたか?

営業利益や経常利益は、企業の事業経営力や総合的な実力を測る重要な指標です。

この記事を参考に、売上総利益や純利益なども併せて、それぞれの違い・関係や計算方法を押さえておきましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!