経営

ROA(総資産利益率)とは?ROEとの違いや読み取り方を解説

ROAという言葉を聞いたことはあるものの、それが何を示しているのかや何が読み取れるのかまでは知らない方も多いのではないでしょうか?

今回はROAの意味について、読み取り方やROEとの違いも含めて解説します。

ROAとは、会社の総資産に対する利益の割合を表す経営指標

ROAとはReturn on Assetsの頭文字を取った略語であり、会社の総資産の額の何パーセントの利益が出ているかを示した経営指標です。総資産利益率とも呼びます。総資産とは、自己資本に、借入れや社債などの他人資本を加えたものを指します。

ROAの計算方法は以下です。

ROA(総資産利益率)= 当期純利益 ÷ 総資産 × 100
※総資産 = 自己資本 + 他人資本

したがって一般的にROAが高いほど、資産を効率的に利用して利益を上げているといえます。

ROEとは、自己資本に対する利益の割合を表す経営指標

ROEとはReturn on Equityの頭文字を取った略語であり、自己資本の額の何パーセントの利益が出ているかを示した経営指標です。自己資本利益率とも呼びます。自己資本は株主が投じた資金と会社が得た利益の留保額の和です。

ROEの計算方法は以下です。

ROE(自己資本利益率)= 当期純利益 ÷ 自己資本 × 100

したがってROEは、値が大きいほど、自己資産を効率的に利用して利益を上げているといえます。ROEに関する詳細を知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【簡単解説】ROE(自己資本利益率)とは|計算式や指標の見方も企業の収益性を判断する指標のひとつに「ROE」があります。「耳にしたことはあるが、詳しい内容はわからない」という人も多いのではないでしょ...

ROAの目安は5%

一般的にROAの値が5%を越えていると優良企業であるとされています。しかし、ROAは業界や業態によって目安の値は違うので、注意しましょう。ROAが適正値であるかどうかを調べるためには同業他社との比較が有効です。

ROAを高める方法

ROA(総資産利益率)= 当期純利益 ÷ 総資産 × 100 で求められるので、「当期純利益を増やす」または「総資産を減らす」とROAは上がるといえます。

当期純利益を増やす方法としては売上を伸ばすだけでなく、販売コストを減らす、業務を行う上での経費を減らすなどが挙げられます。また、総資産を減らす方法としては借入れや社債などを返済する、不要な不動産を売るなどが挙げられます。

ROAの読み取り方と注意点

ROAが高くても優良企業とは限らない

一般にROAが高いほど効率的に利益を上げている傾向ではありますが、ROAが高くても優良企業ではない場合も存在します。例えば、総資産の大半を他人資本が占めている、すなわち多額の借入れや社債を抱えていても、利益が高ければROAは高くなります。この場合、企業が安定しているとはいえず、むしろ倒産の可能性が高い企業と考えられます。

企業の支払い能力を表す指標である当座比率や流動比率などの値とあわせて分析し、本当に優良企業であるかを確認するようにしましょう。

ROAが下がっていても利益が少ないとは限らない

ROAが下がっていても、見込みがない会社とは一概には言えません。ROAが下がるのは利益が少ない以外に、事業投資のための出資や融資を受けて総資産が増加した場合があるからです。

総資産が増える理由の中には、新規事業を立ち上げるために投資を受けている場合や、新技術の開発のために融資を受けている場合などがあり、これらの場合は利益に繋がるまでにある程度の期間が必要です。

決算報告書などに記載されている投資内容について参照して、適切な投資が行われているかを確認しましょう。

会社の業績に関わらずROAが変動する場合がある

ROAは会社の経営状態や業績に関わらず、変動する場合があります。会社が保有する外貨資産や株の価値が変動すると、総資産が増減することがあるためです。

例えば、円安が進んだ場合は、保有する外貨資産を円換算した際の資産は増加し、結果的に総資産が増加してROAが小さくなります。逆に円高が進んだ場合は、円換算額は減少し、総資産は減少、ROAは大きくなります。また、会社が保有する株の価値が上下する場合も、外貨資産の場合と同様に総資産が増減してROAの値に影響します。

外貨資産や株の価値の変動による資産の増減は、貸借対照表の「その他の包括利益」の増減を見ることで確認できます。

ROAはROEなどの他の分析指標と併用するとより詳細な分析が可能

ROAは資産を利用していかに効率的に利益を上げているかを示す指標ですが、ROA単体では、会社の経営状態を正しく読み取るのは非常に困難です。ROAはROEなどの他の指標や財務諸表などと併用することで、より詳細な分析が可能となります。

自身が分析したい項目に合わせて、適切な分析指標を併用するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ROAは、会社が資産を利用して利益を効率的に上げているかを示す指標です。また、ROAの値単体だけでは、会社の経営状況を正しく判断するのは難しいため、他の指標とあわせて用いることが大切です。

この記事を参考にして、ROAについての理解を深めましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!