予算策定・コスト計算

【基礎知識】予算策定とは|2種類の流れとポイントを解説します

適切な予算を策定することは、企業がスムーズに事業を進め、利益を上げるために必要です。
今回は予算策定について、2つの種類やポイントなどの基礎知識を紹介します。

予算策定とは、利益目標から逆算して予算を決定すること

予算策定(予算編成)とは、年間の利益目標から逆算して予算を決定することを指します。予算には次の4種類があり、年間目標を達成するにはそれぞれの額がいくらになればいいのかを考えなければなりません。

  • 売上予算:いくらの売上が得られるか
  • 経費予算:経費(人件費や交通費、水道光熱費など)がいくらかかるか
  • 原価予算:商品・サービスのための原材料にいくらかかるか
  • 利益予算:売上から経費・原価を差し引いていくら残るか

予算管理は、基本的には経営管理部の業務です。ただし、中小企業などでは経営管理部が存在しないこともあり、その場合は経理部が予算策定を担当します。

予算策定は、予算管理のプロセスの一部

予算管理とは、利益目標を達成するために予算の策定から実行・分析までのプロセスを管理することを指します。予算策定は、予算管理の最初のステップです。

適切な予算を策定することで、企業が利益を確保できるだけでなく、各部門が事業活動を行いやすくなります。

予算管理については、次の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
予算管理の基礎知識|予算の種類や管理の流れについて解説予算管理という言葉を聞いたことはありますか? 企業が利益を出すためには、適切に予算を編成・実行しなければなりません。 今回は、予...

予算策定の流れ

予算策定の流れには、トップダウン方式とボトムアップ方式の2種類が存在します。

トップダウン方式

トップダウン方式とは、経営陣の決定に従って各事業部の予算を策定するものです。具体的には、経営陣は経営戦略および利益目標に基づいて予算の概要を決め、各事業部はその枠組みの範囲内で予算を策定するという流れになります。

経営陣の判断に従い組織全体の予算策定を進めるため、迅速に予算を策定できます。ただし、現場の声が反映されにくく、予算が不十分になってしまうおそれがあります。その結果、現場のモチベーションが低下することも考えられます。

ボトムアップ方式

ボトムアップ方式とは、事業部単位で予算を策定し、それらをまとめて全体の予算とするものです。各事業部が必要な予算を算出し、その合計が全体の予算となります。

事業部ごとに必要な予算を策定できるため、現場の声が十分に反映された予算策定が可能です。しかし、各事業部の要望を尊重すると、全体の予算が完成するまでに時間がかかってしまうというデメリットもあります。

実務上はトップダウン方式とボトムアップ方式を組み合わせて予算策定を行う

迅速な予算策定が可能なものの現場の声が反映されにくいトップダウン方式に対し、ボトムアップ方式の予算策定では、時間がかかる反面、現場に必要な予算が組み込まれます。このように、トップダウン方式とボトムアップ方式は短所を補い合う関係にあります

そのため、実務上はトップダウン方式とボトムアップ方式を組み合わせて予算策定を行います。予算策定の一般的な手順は、次のようになります。

  1. 予算策定の方針決定
    経営陣が、経営戦略・利益目標に基づいて予算についての大まかな方針を決定します。
  2. 事業部ごとの予算策定
    経営陣が決めた方針に基づき、各事業部が予算を策定します。
  3. 全体予算の策定
    経営管理部が事業部ごとの予算を集計し、全体の予算を策定します。
  4. 利益目標との調整
    全体予算と利益目標を照らし合わせ、達成可能な予算であるかを確認します。
  5. 各事業部への通達
    予算会議で社長の承認を得たのち、各事業部に決定した予算について通達します。

予算策定のポイント

適度に予算項目を細分化する

予算の項目は、適度に細分化しておく必要があります。わかりやすく言えば、「何に、いくらの予算が割り当てられているか」をある程度具体的にしておかなければならないということです。これを具体的にしておかなければ、予算の使途が曖昧になってしまい、計画していた通りに事業活動が行えません。

ただし、あまりに予算項目を細分化しすぎると、資金の使用に融通が利かなくなります。実際の事業活動ではイレギュラーな事態も発生しうるので、ある程度ゆとりを持たせて細分化する必要があります

現実的な予算にする

利益目標を達成したいからといって、非現実的な予算を策定してはいけません。本来必要な予算を削りすぎると、事業をスムーズに進めることができず、かえって利益を確保できなくなってしまいます。

また、各事業部に割り当てられた予算が必要以上に少額であった場合、現場のモチベーションが低下するおそれもあります。モチベーション維持という観点からも、予算を削りすぎるのは避けるべきです。

まとめ

いかがでしたか?

予算策定の方法には、トップダウン方式とボトムアップ方式の2種類が存在します。

この記事を参考に、それぞれの流れやポイントを押さえておきましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!