業務改革・改善

実際原価計算を簡単に解説|計算方法・標準原価計算との違いも

原価計算の手法の一つに「実際原価計算」があります。これは商品の製造にかかったコストを正確に算出することができる方法です。

今回は、実際原価計算の計算方法や標準原価計算との関係を解説します。

実際原価計算とは、商品の製造にかかったコストを集計して原価を求める方法

実際原価計算とは、商品を製造する際にかかったコストである実際原価を活用して、原価を求める方法を指します。実際に使用されたコストを用いるため正確な数値を算出でき、財務諸表の作成の際に必要とされます。

実際原価とは、実際にかかったコストを指す

実際原価計算に用いられる実際原価とは、商品を製造する際の材料費や労務費など、各要素ごとに実際にかかったコストを指します。

実際原価は、実際の消費量に実際の取得価格・予算価格を掛けて算出されます。計算式は以下の通りです。2種類ありますが、どちらでも実際原価を算出できます。

実際原価 = 実際価格 × 実際消費量
実際原価 = 予定価格 × 実際消費量

実際価格を把握していない場合でも、予定価格で実際原価を算出することができ、差異分析や原価管理に活用されます。ただし、最終的な実際原価の金額は実際価格にて計算されたものが反映されるため、注意が必要です。

実際原価計算のメリット・デメリット

実際原価計算を活用するメリットは、実際のコストである実際原価を使って計算するため、正確なコストを算出できることです。

一方で、デメリットは製造能率などを管理するには不向きであることです。実際に発生したコストには偶発的な要素が含まれている場合があります。そのため、実際原価同士を比較しても能率を管理する際などには役に立ちません。また、実際原価計算は費目別計算や製品別計算など様々な手法が連結して存在するため、計算が複雑になり速報性がないというデメリットもあります。

標準原価計算との違い

実際原価計算と対になる原価計算の手法として「標準原価計算」があります。
実際原価計算は、実際に発生したコストの数値を活用して計算を行います。一方で標準原価計算は、過去の製造コストを分析して定めた目標値である標準原価を活用して算出します。

実際原価計算と標準原価計算は、原価を管理する際に対として活用されます。それぞれを算出し比較することで「目標である標準原価より実際の原価は削減できたのか」などが明確になります。そのため、原価について分析するきっかけにもなるでしょう。それぞれの概要を基に、お互いの関係性を理解しておきましょう。

標準原価計算については以下のページで詳しく記載しています。参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【簡単解説】標準原価計算とは|標準原価や計算方法の流れも原価計算の手法の一つとして、「標準原価計算」があります。商品を製造する際のコスト面での課題を見つけることが可能とされています。 今...

基本的な実際原価計算の方法

例題を使って、実際原価計算の方法を説明します。

【例題】

以下の実際原価データを基に、当月の実際原価を求めなさい。

当月の実際原価データ

  • 直接材料費:実際価格@¥105、実際消費量は1,600㎏
  • 直接労務費:実際賃率は@¥980、実際作業時間は160時間
  • 製造間接費:実際発生額は¥130,000

直接材料費・直接労務費は実際価格と実際消費量・作業時間を掛けて、算出します。次に、それぞれ算出した実際原価の直接材料費・直接労務費・製造間接費を足して、全体の実際原価を出すことができます。計算式は以下の通りです。

直接材料費 = 実際価格 × 実際消費量 = 105×1,600 = 168,000

直接労務費 = 実際賃率 × 実際作業時間 = 980×160 = 156,800

製造間接費 = 130,000

実際原価 = 直接材料費の実際原価+直接労務費の実際原価+製造間接費の実際原価 = 168,000+156,800+130,000 = 454,800

まとめ

いかがでしたか?
実際原価計算は、実際にかかったコストを活用して原価を計算する方法です。正確な数値を出すことができる点が特徴です。また、標準原価と比較することで原価の管理を行えます。この記事を参考に計算方法を身に着け、原価管理に活用してみてください。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!