経営戦略・事業戦略

競争戦略で市場地位を確保する|3つの基本戦略と競争要因を解説

競争戦略をご存知ですか?これは、経営戦略を立てる際に非常に重要な考え方です。この記事では、競争戦略の3つの基本戦略、そして環境分析から競争要因を探し出す方法を解説します。

競争戦略とは、有利な市場地位を確保するために独自の戦略行動を選択すること

競争戦略とは、独自の戦略行動を選択して業界における市場地位を改善することです。
ハーバード大学の経営学者であるポーター教授が提唱した理論で、経営戦略を立てる上で重要な考え方です。

競争戦略では、自社の置かれた環境を理解して、市場で優位に立つための競争方法を選ぶことを目標にしています。そして、この目標を達成するためには、競争要因を分析し、自社にとって有益な戦略の作成方法を知ることが重要です。

競争戦略の3つの類型

競争戦略の類型として、ポーターは3つの基本戦略を提唱しました。
基本戦略には、ターゲットの広さと競争優位性(低コスト、差別化)によって「コスト・リーダーシップ戦略」「差別化戦略」「集中戦略」があります。企業は自社の状況や業界との関係性に応じて、いずれかの基本戦略を取るとされています。

コスト・リーダーシップ戦略:低コストを実現する

コスト・リーダーシップ戦略は、市場の幅広いターゲットに対して競合他社よりも低いコストを実現することで優位性を確立する戦略です。
安価で販売できるため顧客に選ばれやすくなったり、製造コストの削減により利益率を増加できたりするなどのメリットがあります。一方で、競合他社も同様の戦略を取ると価格競争が起きる可能性がある点には注意が必要です。

コスト・リーダーシップ戦略については、この記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
コストリーダーシップ戦略を簡単解説|メリットや成功事例も紹介事業を行う際の戦略の1つに「コストリーダーシップ戦略」があります。耳にしたことはあるけれど、ただ安く売るのと何が違うのかを明確に把握して...

差別化戦略:独自性を持ち差別化を図る

差別化戦略は、コスト以外の面で競合他社と差別化し、独自性を持つことで優位性を確立する戦略です。差別化では他社と異なるというだけでなく、顧客にとって他社よりも価値があることが必要です。
差別化戦略では、価格以外の面で顧客にアピールできるため価格競争を避けられます。一方で、独自性を持つためにはコストがかかってしまい、価格が高くなりすぎると顧客の許容範囲を超えてしまう可能性があります。

集中戦略:特定のターゲットに集中する

集中戦略は、特定の顧客や地域、製品などにターゲットを集中する戦略です。
限られたターゲットに集中することで、他社の参入障壁を高くしたり経営資源を有効活用できたりします。しかし、集中したターゲットや市場が縮小・消滅するといったリスクも存在します。

集中戦略は、さらに「コスト集中戦略」と「差別化集中戦略」に分けられます。どちらの戦略も、市場の特定のターゲットに集中する点でコスト・リーダーシップ戦略や差別化戦略と異なります。

  • コスト集中戦略
    特定のターゲットに集中した上で競合他社よりも低いコストを実現することで優位に立つ戦略です。
  • 差別化集中戦略
    特定のターゲットに集中した上で競合他社と差別化した製品・サービスを提供する戦略です。

集中戦略については、この記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
集中戦略とは?意味と成功事例、注意点を解説します集中戦略という戦略をご存知でしょうか?これは、経営戦略を考える上で重要な「競争戦略」の1つです。この記事では、集中戦略の内容や成功事例、...

5つの競争要因を用いて環境を分析する

競争戦略を作る際には、企業内部だけでなく業界の環境も分析する必要があります。そのためには、5つの競争要因を理解する「ファイブフォース分析」が有効です。
競争要因には、以下の5つがあります。

  1. 競争の状況
    業界にすでに存在している競合他社との競争の状況です。
    競合他社の数が多い市場やリーダー企業が強い影響力を持つ市場では、競争は厳しい状況にあります。一方、競合他社が少ない場合や自社が業界をリードしている場合などは競争で優位にあります。
  2. 代替品の脅威
    他の業界の製品が、自社の製品の代替品となり売上を奪う場合があります。
    自社の製品が独自性を持たない場合は代替品の脅威が大きいといえます。逆に、自社の製品が独自性を持っている場合には代替品の脅威は小さくなります。
  3. 新規参入する企業
    業界の魅力が高かったり、参入するハードルが低い場合は新規参入する企業の影響が大きくなります。一方、業界の魅力が低い、参入するハードルが高い場合には影響が小さくなります。
  4. 売り手の交渉力
    原材料など、自社のビジネスに必要な物品の売り手が持つ交渉力です。
    その売り手なしには自社のビジネスが成り立たない状況では売り手の交渉力が強くなります。また、売り手の売上の多くを自社との取引が占めている場合などは売り手の交渉力が弱くなります。
  5. 買い手の交渉力
    自社の製品を流通・販売させてくれる買い手が持つ交渉力です。
    特定の買い手に依存していたり、大手の買い手と取引している場合は買い手の交渉力が高くなります。逆に、買い手が売上を自社製品に依存している場合などには買い手の交渉力が弱くなります。

5つの競争要因とファイブフォース分析については、この記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ファイブフォース(5F)分析で業界での勝ち抜き方を知る方法企業はただ存在しているわけではなく、様々な外部環境に囲まれ、その中で生存していくものです。そのような外部環境の最小単位が「業界」です。 ...
まとめ

競争戦略は、市場地位を改善するための理論で、3つの基本戦略があります。ぜひこの記事を参考に、自社の経営戦略を考えてみてください。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!