マーケティング戦略

マーケティングプロセスとは│6つのプロセスとフレームワークを解説

マーケティングプロセスという言葉を聞いたことはありますか?
これは、マーケティング戦略を立案・実行するための手順を整理した理論です。

今回はマーケティングプロセスについて、実践に役立つフレームワークもあわせて解説します。

マーケティングプロセスとは、マーケティング戦略の立案から実行までを整理した理論のこと

マーケティングプロセスとは、マーケティング戦略の立案から実行までの過程を分類・整理した理論のことです。マーケティングプロセスに沿って戦略立案を進めることで、市場の分析からターゲットとなる顧客の獲得までの一連の流れが計画的に行えます。

基本的には6つのプロセスに整理され、精度の高いマーケティング戦略を立てるための基礎的な理論として知られています。

6つの基本的なプロセス

1. 環境分析(市場分析)

まず、マーケティング戦略立案の基盤となる情報を得るため、自社の内部・外部環境の分析を行います。内部・外部の環境とは、具体的には次のようなものを指します。

  • 内部環境:自社が持っている経営資源、強みや弱みなど
  • 外部環境:自社が参入する市場や業界、競合他社の状況など

環境分析には、「PEST分析」「3C分析」「SWOT分析」といったフレームワークが用いられます。これらのフレームワークについては、後ほど詳しく解説します。

2. セグメンテーション

次に、市場の細分化(セグメンテーション)を行います。市場には様々なニーズが混在しており、それらの全てに対応することはできません。そこで、環境分析の結果を踏まえて、自社がビジネスを展開するのに最適な市場を選ぶ必要があります

セグメンテーションでは、消費者の年齢・性別や職業といった属性を軸として市場を細かく分けていきます。詳しい方法については、次の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
市場を細分化してニーズを見つけるセグメンテーションとは?そのやり方を紹介企業は商材やサービスを作っていく際に、世の中の全員をターゲットにしたものを作らないそうです。これはセグメンテーションとターゲティングの考...

3. ターゲティング

ターゲティングとは、自社の顧客として狙う層(ターゲット)を決定することです。細分化した市場の中にどのようなニーズがあるかを踏まえた上で、自社の強みが最も活かせる場所をターゲットとして選択します。市場の規模・状況や競合他社の有無などを踏まえ、自社が優位に立てる場所を探すのがポイントです。

ターゲティングについては、次の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ターゲティングとは?「選択と集中」で成功を掴む方法を紹介ターゲティングとは標的の中心となる顧客の像を定めることです。この記事では、ターゲティングをなぜ行う必要があるのか、ターゲティングはどのようにして行うべきなのかを解説しています。...

4. ポジショニング

ポジショニングとは、市場における自社の立ち位置を決めることです。ここでは差別化が重要であり、競合他社と被らないポジションを確立することで、自社の商品・サービスを選んでもらいやすくなります

ポジショニングについては、次の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ポジショニングとは?自社ならではの立場を獲得する方法を解説ポジショニングは、自社ならではの立ち位置を市場の中で築くためには非常に重要です。この記事では、ポジショニングとはなにか、いかにしてポジショニングを行うのか、そして何に注意すべきかをご紹介します。...

5. マーケティングミックス

マーケティングミックスとは、具体的なマーケティング戦略の立案を進めていくプロセスです。企業視点でマーケティング戦略を考える「4P」や、顧客視点の「4C」といったフレームワークを用いて戦略を考えます。

これらのフレームワークについては、後ほど詳しく解説します。

6. 実行と評価

最後に、マーケティング戦略の実行・評価を行います。思うような効果が出なかった場合は、1〜5のプロセスに問題があったといえます。定期的に効果測定を行い、マーケティング戦略の改善を行いましょう。

マーケティングプロセスの実践に役立つフレームワーク

環境分析に役立つフレームワーク

  1. PEST分析
    自社の外部環境を分析するためのフレームワークです。自社に影響を与える要因を「政治的要因(Politics)」「経済的要因(Economy)」「社会的要因(Society)」「技術的要因(Technology)」に分類します。
    その上で、それぞれの要因が自社にとってのチャンス(機会)となるか、脅威となるかを考えるフレームワークです。
  2. 3C分析
    外部・内部を含めて市場分析を行うフレームワークです。「市場・顧客(Customer)」「競合(Competitor)」「自社(Company)」の3つの要素から、市場の関係性を分析します。
  3. SWOT分析
    自社の内部・外部の環境から、自社にとってのプラス要因とマイナス要因を洗い出すフレームワークです。内部環境における「強み(Strengths)」「弱み(Weaknesses)」、外部環境における「機会(Opportunities)」「脅威(Threats)」の4つの要素から分析を行います。

マーケティングミックスに役立つフレームワーク

  1. 4P
    企業視点のフレームワークです。マーケティングにおける「製品(Product)」「価格(Price )」「流通(Place)」「広告(Promotion)」の4要素を軸に、それぞれの影響を考えながら戦略立案を行います。
  2. 4C
    顧客視点のフレームワークです。「顧客価値(Customer Value)」「費用(Cost)」「利便性・手に入れやすさ(Convenience)」「コミュニケーション(Communication)」の4要素から、自社の商品・サービスを分析します。

 

まとめ

いかがでしたか?

マーケティングプロセスは、マーケティング戦略の立案から実行までを6つの段階に整理したもので、精度の高いマーケティング戦略を考えるのに役立ちます。

この記事を参考に、6つの各段階と、マーケティングプロセスの実践に役立つフレームワークを押さえておきましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!