この記事は 3 分で読めます

ストレスマネジメントとは|ストレスの原因を理解し対処する方法を解説

URLをコピーする

皆さんはストレスマネジメントという言葉をご存知ですか?これは、ストレス社会と言われる昨今を上手く生きていくために必要なスキルです。
この記事では、ストレスマネジメントの意味とストレスの原因、具体的な対処方法を解説します。

ストレスマネジメントとは、ストレスに対処しコントロールすること

ストレスマネジメントとは、ストレスと上手く付き合う方法を考え、適切に対処しコントロールすることを表します。
ストレスをコントロールすることで、仕事に対するパフォーマンスの上昇が期待できます。また、企業は従業員のストレスマネジメントを行うことで職場環境がよくなるほか、ハラスメント防止にも繋がります。

ストレッサーとストレス反応に対する理解を深める

ストレスに対して適切に対処するためには、ストレスの原因であるストレッサーを理解し、ストレッサーによって起こるストレス反応を知る必要があります

ストレッサーの種類

  • 物理的ストレッサー
    音や光、匂いといった五感によって感じる刺激を指します。香水の匂いやタイピング音などが物理的ストレッサーの例として挙げられます。
  • 社会的ストレッサー
    社会的ストレッサーとは、対人関係による刺激を表します。例えば、同僚との言い争いや恋人との別れなどが挙げられます。
  • 心理的ストレッサー
    将来に対する悪い予感や否定的な評価に関する思考を心理的ストレッサーと言います。商談を失敗したらどうしようと考えることや会社をクビになるかもしれないといった思考がストレッサーとなります。
  • 外傷的ストレッサー
    このストレッサーは、生命や存在を脅かす出来事を指します。例えば、地震といった天災や犯罪に巻き込まれた経験、他人からの暴力などが挙げられます。

ストレス反応の具体例

  • 心理的ストレス反応
    不安や苛立ち、気分の落ち込みなどの感情が挙げられます。また、集中力や判断力の低下といった機能低下も心理的ストレス反応に分類されます。
  • 身体的ストレス反応
    体に現れるストレス反応のことを指します。身体的ストレス反応の例としては、動悸や嘔吐、発熱および睡眠障害などが挙げられます。
  • 行動的ストレス反応
    ストレスからの回避行動を、行動的ストレス反応と言います。例えば、幼児退行や攻撃的行動、引きこもるなどの行動が挙げられます。

【個人向け】自身に対するストレスマネジメントの方法

自身に対するストレスマネジメントのことをセルフケアと言います。セルフケアは、以下の2段階に分けて行いましょう。

1. セルフ・モニタリングを行う

セルフ・モニタリングとは、自身のストレス反応やその原因であるストレッサーを発見するために自己観察を行うことを表します。ストレスを感じた時は、どのようなストレス反応が生じていて、ストレッサーは何なのかメモすることがおすすめです。書き残しておくことで振り返りやすくなり、ストレスへの対処法を考える際にも役立ちます。

2. 自分に合ったストレスへの対処法を考える

ストレスへの対処法のことをストレスコーピングと言います。以下の3種類のストレスコーピングを把握し、自分にあった対処法を考えてみましょう

  • 問題焦点型コーピング
    ストレッサーを紐解いて解消することで、ストレスを軽減する方法です。例えば、同僚と意見が食い違うため、同僚に対して苦手意識を持っているとします。この状況に対して、同僚と話し合いの場を設け、お互いに納得するまで価値観を共有することが問題焦点型コーピングの一例として挙げられます。
  • 情動焦点型コーピング
    この方法は、ストレッサーに対する考え方を変化させることでストレスを軽減させます。先ほどの例において、意見が食い違うことで自分が否定されていると感じるため、同僚に苦手意識を持っているとします。この状況に対する情動焦点型コーピングの例として、「同僚は自身の意見を主張しているだけで、自分が否定されているわけではない」と考え方を変えることが挙げられます。
  • 発散型コーピング
    発散型コーピングは、自分の趣味や好きなことを行うことでストレスを軽減させる方法です。例えば、ランニングや友人とお酒を飲むこと、深夜ドライブなど、自分にあった発散型コーピングを行いましょう。

【管理職向け】部下に対するストレスマネジメントの方法

従業員に対して行うストレスマネジメントをラインケアと言います。ラインケアは、従業員のメンタルを安定させ、休職や退職を防ぐことが出来ます。

ラインケアの具体例

  • 労働環境に関するアンケート
    従業員に対し、以下の6つの項目に関して定期的にアンケートを実施し、労働環境においてどの項目がストレスの原因になりうるか把握しましょう。5段階で評価してもらい、なぜそう思ったかといった理由も答えてもらうことで、労働環境を改善しやすくなります。

    アンケートの6つの項目
    ・職場の雰囲気は良いか ・人間関係は良いか
    ・仕事方法への満足度 ・職場組織への満足度
    ・労働時間は適切か ・仕事の量や質は適切か
  • 従業員との定期的な面談
    従業員と一対一で定期的に面談し、従業員の業務状況や仕事に対する不満を聞きます。仕事量の多さや仕事に対する責任がストレッサーとなっていないか確認しましょう。定期的に面談することで、従業員が不満や不安を吐き出せる環境を整えられます。
    この一対一の面談のことを1on1ミーティングと言います。1on1ミーティングについて詳しく解説した記事もありますので、あわせてご覧ください。
合わせて読みたい記事
1on1ミーティングの流れやテーマを解説|上司と部下の信頼を構築近年、1on1ミーティングを取り入れる企業が増加していますが、「なかなかうまく活用できない」「何を話せばいいのかわからない」など難しく感...
  • 専門家によるケアサポート体制を整える
    従業員の中には、上司に言いにくいことがストレッサーになっている人もいます。カウンセラーや精神科医などストレスに対する専門家を雇い、社外の人に相談できる体制を整えることも重要です。
ダウンロード ダウンロード
ダウンロード

今さら聞けない、営業マネージャーが知っておくべきKPI・KGI

無料でダウンロードするために
以下のフォーム項目にご入力くださいませ。

経営・マネジメントおすすめの記事

2020年3月12日

魅力的なブランドコンセプトとは?事例や作る際のポイントを紹介!

2018年8月8日

無料のグループウェア5選!求める機能に応じて選ぼう

2018年7月5日

ニッチ市場とは?戦わないことで成功した企業の事例を紹介