この記事は 2 分で読めます

従業員満足度(ES)とは?構成要素やメリット、向上させる方法を解説

URLをコピーする

従業員満足度という言葉をご存じでしょうか。
企業が継続的な成長をしていくためには、顧客の満足度を気にするだけでなく自社の従業員の満足度の向上を目指すことが大切です。
この記事では、従業員満足度の構成要素や向上させるメリットと方法を解説します。

従業員満足度(ES)とは、企業に対する従業員の満足度を表す指標のこと

従業員満足度とは、給与や職場環境などに対する従業員の満足度を表す指標のことです。従業員満足度は英語で「Employee Satisfaction」と表されるので、この頭文字を取ってESとも呼ばれます。従業員満足度を高めることは企業の業績や顧客満足度の向上につながるので、注目して取り組んでいる企業も多いです。

従業員満足度の構成要素

企業ビジョンに対する共感

従業員は自社のビジョンに共感できると、働き甲斐が得られ企業への信頼や期待につながるので、企業ビジョンに対する共感は従業員満足度と関係する要素です。ビジョンは企業が目指す姿のことなので、自社が目指す姿に共感する従業員はやる気をもって業務を行えます。

職場の快適さ

職場が働きやすいかどうかも従業員満足度と関わります。具体的には、上司や同僚との人間関係に不満がないかどうかや、働きやすい就業規則が整備されているか、設備に十分な費用がかけられており不備がないか、などが職場の快適さに関係します。

十分な報酬や福利厚生

業務の量に対して妥当な報酬が与えられていたり、十分な福利厚生を受けられたりすると、自分の働く企業への信頼にもつながり、従業員満足度が向上します。反対に、従業員にとって満足な給与や福利厚生を与えられていないと、企業に対する不信感や不満を抱く場合があるため、従業員満足度は著しく低下する恐れがあります。

仕事に対するやりがい

企業や社会に対して貢献できていると感じられると、仕事に対するやりがいが得られ、従業員満足度の向上につながります。成長を実感できたり、成功体験を得られたりする環境を作り出すことが大切です。

企業のマネジメント

上司や経営層のマネジメントに納得感を得られることも、従業員満足度の構成要素の1つです。上司の指示や評価が適切であると従業員は企業に対する安心感を得られ、従業員満足度が向上します。

高い従業員満足度がもたらすメリット

効率的な業務により、生産性が向上する

従業員の企業に対する満足度が高いと、企業に貢献しようという意識が高まり、業務に対するモチベーションが上がります。能動的に仕事に取り組むことができ、効率的な業務が行えるようになるため、業務の質も上がり企業の生産性が向上します。

従業員の定着率が向上する

従業員満足度が高い企業には、その企業で働き続けたいと考える従業員が多くいるため人材の定着率が向上します。そのため、優秀な人材の流出が防げたり、社員教育にかかる余分なコストや手間を削減できます。

また、よりよい環境で働きたいと考える人材が集まってくるため人事採用にも役立ちます。

商品・サービスの質が向上し、高い顧客満足度を得られる

従業員満足度が向上すると、従業員が社会や顧客に対しての貢献度を考えるなど、より意欲的に業務に取り組むようになります。そのため、消費者に提供する商品やサービスの質が向上し、顧客満足度を向上させられます。

従業員満足度を向上させる方法

企業のビジョンを従業員に浸透させる

企業のビジョンは企業の目指す方向性を決めるものです。そのため、しっかりと主張し社内に共有することで、従業員が率先して行動できるようになり、仕事にやりがいを感じられるようになります。

ビジョンを浸透させる具体的な方法として、経営理念やビジョンを従業員がよく見る場所に掲示したり、経営陣が直接伝える場を設けるなどがあります。

企業のビジョンについては以下の記事も参考にしてみてください。

合わせて読みたい記事
企業のビジョンはなぜ必要なのか?メリットやビジョンの作り方も解説日常でしばしば耳にするビジョンの正しい意味をご存知ですか?効果的なビジョンの作成は企業の成長や業績拡大につながる可能性があります。 ...

福利厚生を充実させる

住宅補助や家賃補助、休暇の取りやすさなどの福利厚生を充実させることも従業員満足度を向上させる方法の1つです。従業員のニーズを理解し、有効な福利厚生を充実させましょう。

働きやすい労働環境を整備する

従業員は働きやすいと感じると企業への満足度が向上します。従業員同士のコミュニケーションを促進し、よい人間関係を築くために社内SNSを導入したり、無駄な残業などがないよう労働時間を管理するなどして、働きやすい労働環境を整備しましょう。

正当な人事評価によって妥当な報酬を与える

従業員は自身の仕事に対して正当な給与が与えられていると、満足度が向上します。給与は企業に貢献できているかを示す1つの指標になるので、給与という形で従業員を評価することは大切です。

ダウンロード ダウンロード
ダウンロード

今さら聞けない、営業マネージャーが知っておくべきKPI・KGI

無料でダウンロードするために
以下のフォーム項目にご入力くださいませ。

経営・マネジメントおすすめの記事

2020年3月12日

魅力的なブランドコンセプトとは?事例や作る際のポイントを紹介!

2018年8月8日

無料のグループウェア5選!求める機能に応じて選ぼう

2018年7月5日

ニッチ市場とは?戦わないことで成功した企業の事例を紹介