この記事は 3 分で読めます

営業研修が求められる理由とは|おすすめの研修サービスも紹介

URLをコピーする

営業研修の導入を考えているけれど、どのように選べばよいか分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。目的に合った研修を受講すると営業スキルの向上に役立ちます。
今回は、営業研修が求められている理由と主な内容、おすすめの営業研修サービスを紹介します。

営業研修が求められている理由

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、オンライン営業の広まりなど従来の営業形態が変化してきています。今までのように個人の営業スキルに頼った取り組みから、組織全体の営業力を上げる取り組みに変化させることが求められています。

そのため、企業として営業研修を行い営業パーソンのスキル向上を目指さなければなりません。また、企業内で独自の営業研修を実施しているけれど、なかなか効果が上がらない場合には外部の営業研修サービスを利用するとよいでしょう。

営業研修の主な内容

営業研修は、営業未経験の新人を対象にしたものから、営業マネジメントを行う管理職を対象としたものまで様々なものがあります。営業研修の主な内容は、以下のようなものがあります。

  • 営業の基本
    営業の基本フローやアポイントの取り方、名刺交換のやり方やニーズの捉え方、顧客との関係構築など営業の基本となる内容を学びます。基本を学んだあと、実際の現場を想定し営業ロールプレイングを行う場合もあります。
  • マーケティング力
    マーケティングの基本や数値分析のやり方、分析ツールの活用方法などを学びます。実際に関数やグラフを用い分析し、分析結果を営業の現場で戦略にどう落とし込むのか実践に近い形で理解を深めます。
  • プレゼンテーション能力
    資料やスライドの活用方法や、相手の心に響く話し方などを学びます。実際にプレゼンテーションを行い、フィードバックを受けながら課題改善に導きます。
  • ヒアリング力・提案力
    相手の話を聞き出すヒアリングスキルの基本を学習します。聞き出した内容を基に課題発見の方法や、解決策提案のための提案書の作成方法を学びます。
  • 交渉力
    立場や価値観の異なる相手に対して、友好な関係を築きながら提案し商談を進めるためのスキルを身に付けます。
  • マネジメント力・育成力
    営業の基本的スキルに加えて、営業プロセスの考え方やPDCAサイクルの実践、目標達成に向けた部下への日常的な指導方法などを学びます。

営業研修サービスを選ぶ際に注意すべき点

目的を明確に設定する

営業研修を選ぶ際には、どのような目的を達成するために受講するのかを明確に設定しておきましょう。企業全体の売上を向上させるために、どのような要素が必要なのかを考え、営業研修サービスを選びます。

例えば「商談件数は多いけれど成約率が低い」という営業パーソンは、商談の内容を見直し改善につながるよう、プレゼンテーション力・提案力・交渉力に関する研修を選ぶ必要があります。

自社の教育方針に合っているか確認する

営業研修を選ぶ際は自社の状況を把握した上で、誰にどのような研修を受講させるのかを確認しましょう。自社の人材育成方針を理解し、方針に適した研修を選ぶと、成果につながる可能性が高まります。

おすすめの営業研修サービス

Insource

(公式サイト:https://www.insource.co.jp/index.html

Insourceは、組織に講師を派遣するオーダーメイド型研修や、1名から参加可能なオープンセミナー型研修などを実施しています。

オーダーメイド型研修では、研修内容や時間、場所や人数など企業の希望によって調整が可能です。また、基本的な営業研修に加えて、ソリューション営業やリモート営業研修など様々な営業形態に対応している点が特徴です。

オープンセミナー型研修は、オンラインと全国9都市の常設会場で研修が行われています。約3000講座開講しており、目的に応じた研修を見つけることができます。

リクルートマネジメントスクール

(公式サイト:https://www.recruit-ms.co.jp/open-course/

リクルートマネジメントスクールでは、3時間の短時間研修から3日間の異業種交流型の営業研修を実施しています。

研修への申し込みや受講後のアンケートなどをWebシステムで管理しており、研修の運用がスムーズに行える点が特徴です。また、階層や対象者別、テーマ別やビジネススキル別に研修を探すことができます。

経営・マネジメントおすすめの記事

2020年3月12日

魅力的なブランドコンセプトとは?事例や作る際のポイントを紹介!

2018年8月8日

無料のグループウェア5選!求める機能に応じて選ぼう

2018年7月5日

ニッチ市場とは?戦わないことで成功した企業の事例を紹介