この記事は 2 分で読めます

ポジティブ心理学とは|幸せを追求するためのフレームワークを解説

URLをコピーする

ポジティブ心理学とは何かご存知ですか?ポジティブ心理学は、新しい心理学の学問として注目を集めています。
今回は、ポジティブ心理学の概要や、幸せを追求するためのフレームワークである「PERMAモデル」、日常での活用方法を解説します。

ポジティブ心理学とは、個人・組織・社会が本来あるべき姿に注目し、科学的に検証する心理学のこと

ポジティブ心理学とは、個人・組織・社会が本来あるべき理想像に注目し、科学的に検証する心理学のことです。ポジティブ心理学は、1998年に米国心理学会会長かつペンシルベニア大学心理学部教授であったマーティン・E・P・セリグマン博士によって提唱されました。

ポジティブ心理学は、多くの研究から得られた統計データや脳科学によって理論を形成します。そのため、各自の経験や自分の判断に依存するポジティブシンキングとは異なり、ポジティブ心理学は一般的に多くの人に適用することができます。

従来の心理学との違いは「注目要素」と「アプローチ方法」

従来の心理学では、人間のネガティブな側面のみに焦点を当て、臨床的なアプローチで症状の改善や研究が行われてきました。一方、ポジティブ心理学では人間のネガティブな側面だけでなく、ポジティブな側面も加えた人間の素晴らしさに着目し理論を形成するという科学的な検証が行われます。そのため、ポジティブ心理学は誰もが一般的に当てはめることのできる学問であると言えます。

ポジティブ心理学で追求される「ウェルビーイング」

ポジティブ心理学では、現状の問題解決といった短期的な幸せではなく、自分の理想像を実現させて満足感が長期間続くような持続的な幸福を追求します。この持続的な幸福は「ウェルビーイング(Well-being)」と呼ばれます。ウェルビーイングは、多面的に幸福で肉体的・精神的・社会的健康が保たれている状態のことです。
ウェルビーイングは以下の3つに分類されます。

  • 医学的ウェルビーイング:病気ではない状態のこと
  • 快楽的ウェルビーイング:快楽を感じる瞬間があること
  • 持続的ウェルビーイング:持続的であること

ポジティブ心理学で、幸せを追求するために用いられるフレームワーク「PERMAモデル」

ポジティブ心理学では、ウェルビーイングを高めるために「PERMAモデル」と呼ばれるフレームワークが用いられます。PERMAモデルでは、ウェルビーイングを5つの要素に分解することで、科学的な検証を実現します。

Positive Emotion:ポジティブ感情

PERMAモデルの「P」に当たります。ポジティブ感情とは、愛や感謝、笑いや喜びといった肯定的な感情を指します。ポジティブ感情には、ネガティブな感情を打ち消して対処力や回復力を高めたり、思考や行動の選択肢を広げたりすることによって、人生の幸福度を向上させる効果があります。

Engagement:エンゲージメント(没頭や投入)

PERMAモデルの「E」に当たります。エンゲージメントとは、時間を忘れるほど没頭することや、何かに夢中になる状態を指します。エンゲージメントによって、仕事への集中力が高まり、効率や生産性を向上させることができます。また、エンゲージメントによって何かに没頭すれば、ネガティブな感情が生まれるのを防ぐことも可能です。

Relationship:良好な人間関係

PERMAモデルの「R」に当たります。良好な人間関係は、ポジティブ心理学の中でも重要度が高いとされる要素です。パートナーや家族、友人や同僚との良好な関係は人生を豊かにします。また、他人とは比べず、他人に貢献すること(「ギバー」になること)で自分も幸せになるという研究結果もあります。

良好な関係を築く上で重要な「ギバー」については、以下の記事をご覧ください。

合わせて読みたい記事
ギバー、テイカー、マッチャーとは|特徴とギバーになるためのポイントを紹介「ギバー」「テイカー」「マッチャー」という言葉を聞いたことはありますか?これは、人間の考え方や行動を分類したもので、理解しておくことで日...

Meaning:人生の意味や意義

PERMAモデルの「M」に当たります。人生の意味や意義を明確にし、価値観や目標を持ちましょう。これにより、自分にとっては何が最も重要なのかを知ることができ、自分にとっての幸せの在り方を追求できます。

Accomplishment:達成や完遂

PERMAモデルの「A」に当たります。何かを達成する・完遂するという経験は、幸せをもたらします。達成や完遂はポジティブ感情を生み出す要素であり、価値のある目標を追求することは幸せに直結すると考えられています。

ポジティブ心理学の日常における活用方法

ポジティブ心理学を日常で活用するためには、まず相手に感謝の言葉を述べましょう。相手に感謝できる人は、周りの人と良好な関係を築くだけでなく、肯定的な感情を生み出すことができます。仕事仲間や友人と同じ趣味を共有し、何かに没頭することも幸福度を高めます。

また、仕事においては自分の強みを発揮できるような職種に就き、何か小さな目標を立てて日々達成することで、幸福感を得られるでしょう。

ダウンロード ダウンロード
ダウンロード

今さら聞けない、営業マネージャーが知っておくべきKPI・KGI

無料でダウンロードするために
以下のフォーム項目にご入力くださいませ。

経営・マネジメントおすすめの記事

2020年3月12日

魅力的なブランドコンセプトとは?事例や作る際のポイントを紹介!

2018年8月8日

無料のグループウェア5選!求める機能に応じて選ぼう

2018年7月5日

ニッチ市場とは?戦わないことで成功した企業の事例を紹介