この記事は 3 分で読めます

代表的な経営戦略の成功事例|成功に導くためのポイントも紹介

URLをコピーする

経営戦略を成功に導くために、成功事例を知っておきたいという方も多いのではないでしょうか。
今回は、代表的な経営戦略とそれぞれの成功事例を戦略別に紹介します。

代表的な経営戦略例

代表的な戦略例には、以下のようなものがあります。

  • 差別化戦略
    競合他社と製品・サービスに関して明確な差別化をアピールし、市場価値を高める戦略のこと
  • 多角化戦略
    保有している経営資源を新たな事業に展開し、多角化することで利益を得る戦略のこと
  • 集中戦略
    特定のターゲットや販売地域に経営資源を集中させ、ビジネスを行なう戦略のこと
  • ブルーオーシャン戦略
    従来存在しなかった未開拓の市場を生み出し、新しい領域に事業を展開する戦略のこと
  • グローバル戦略
    明確な目的を設定して海外市場に進出し、自社事業をグローバルに展開する戦略のこと

経営戦略の種類については、以下の記事をご参照ください。

合わせて読みたい記事
経営戦略の種類と代表的な戦略例を紹介経営戦略にはどのような種類があるのかご存知ですか?企業が目標を達成するためには、自社を取り巻く環境を考慮した上で経営戦略を立てなければな...

差別化戦略の成功事例

スターバックス

世界最大のコーヒーチェーンであるスターバックスは、「人々の心を豊かで活力あるものにするために─ひとりのお客様、一杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティから」というミッションを掲げ、カフェ業界の中で他社との差別化戦略に取り組んでいます。

ビジネスパーソンが休憩やミーティングなどの際に利用することの多かったカフェ業界において、家や職場でもなく自分らしく過ごせる「サードプレイス」になれるような価値観や文化を育てています。その一環として、これまでのビジネスパーソン向けのカフェのイメージを払拭するため、高級感のある内装にし、幅広い商品を展開することで、他社との差別化に成功しました。

ファーストリテイリング

衣料品の製造や販売を手掛ける「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングでは、コストリーダーシップ戦略と差別化戦略に取り組んでいます。

コストリーダーシップ戦略とは、他社よりも低コストで商品を製造することによって商品を低価格に抑え、市場での優位性を得る経営戦略を指します。ユニクロでは販売する商品の企画・製造・販売全てを自社で手がけることで、低価格でありながら品質、デザイン性に優れた商品の提供を可能にし、コストリーダーシップ戦略を成功へと導きました。

また、普段使いできるアイテムを中心に展開しつつも、シーズンごとにトレンドを取り入れ商品をアップデートすることで、他社との差別化を測っています。

多角化戦略の成功事例

ソニーグループ

エレクトロニクス事業や音楽、映画、ゲームなど様々な事業を展開しているソニーグループですが、生命保険事業や金融事業などにも進出し多角化戦略に成功しました。

主軸と異なる事業を多数展開していったため、企業内外からは批判の声が多く上がりましたが、経営陣は「成長性があって国際的にも有望であれば業種にはこだわらない」という考えの元、事業を拡大しました。

セブン&アイ・ホールディングス

コンビニやスーパーなどを運営するグループ企業の企画、管理などを行うセブン&アイ・ホールディングスは、主要事業であるコンビニエンス業界が飽和状態に陥った際、積極的にM&Aを行ない多角化戦略に成功しました

国内で知名度の高い百貨店や専門店を買収することで、コンビニだけでなくあらゆる顧客の買い物に対応できるよう事業を展開しました。

集中戦略の成功事例

しまむら

ファストファッションチェーンのしまむらでは、ターゲットを20〜50代の主婦層に定め、徹底したコスト管理を行なうことによってコスト集中戦略に成功しました。

また、しまむらはマタニティ用品・ベビー・子ども用品専門店の「バースデイ」、シューズ専門店の「ディバロ」、インテリア・服飾雑貨専門店の「シャンブル」など、顧客を集中させるために、ターゲットによってブランドを分けることで集中戦略を行なっています。

ケンタッキーフライドチキン

フライドチキンを主力としたファストフードチェーンのケンタッキーフライドチキンは、ハンバーガーを販売することの多い競合の中で、フライドチキンの販売に絞った集中戦略を行ない成功しました。

ターゲット層を20〜30代の若年層の女性に定め、低価格のランチセットや軽食などのメニューを充実させています。

その他の戦略の成功事例

ブルーオーシャン戦略|任天堂

玩具やコンピューターゲームなどの開発・製造、販売を行なう任天堂では、競合相手の多いゲーム業界において、新たな分野を切り開くことで、コストを抑え利益を得るというブルーオーシャン戦略に取り組みました。

具体的には、タッチパネルを使った「ニンテンドーDS」やモーションキャプチャーを取り入れた「ニンテンドーWii」、3Dを取り入れた「ニンテンドー3DS」といったゲームハードなど、ゲーム業界において様々な分野を開拓し成功しました。

グローバル戦略|リクシル

国内最大の住宅設備メーカーのリクシルは、グローバル戦略を実現するために、「現事業を強化し維持する」「不要な事業を捨てる」「新たなモデルをつくる」の3つを重視するスリーボックスソリューションという手法を展開しました。

一例として、既存事業である浄水事業を海外に進出させ、そのノウハウを活かすことで、北米メーカー「American Standard」のキッチンにて、一体型浄水器の蛇口の採用につながった例が挙げられます。

また、「新たなモデルをつくる」ためにオンラインショールームを開発し、顧客との打ち合わせ効率化にも取り組みました。

経営戦略を成功に導くためのポイント

企業理念・ビジョンを明確に定めておく

経営戦略を成功に導くためには、企業理念・ビジョンを明確に定めておくことが重要です。景気や技術革新によって常に変動する市場に合わせて経営戦略を立ててしまうと、市場が変動するたびに経営戦略を策定しなおさなければなりません。

社会の変化に柔軟に対応できるよう、企業理念・ビジョンを明確に定めておくことで、一貫性のある経営戦略が立てられます。

競合他社との違いを把握しておく

経営戦略を立てる際には、競合企業の特徴や強み・弱み、ターゲット層などを分析して、違いを把握しておくことが重要です。競合他社を分析し理解を深めることによって、自社の強みや優位性が明確にでき、経営戦略立案に役立ちます。

ダウンロード ダウンロード
ダウンロード

まずはこれだけ。新規開拓営業を始める時の心得

無料でダウンロードするために
以下のフォーム項目にご入力くださいませ。

経営・マネジメントおすすめの記事

2020年3月12日

魅力的なブランドコンセプトとは?事例や作る際のポイントを紹介!

2018年8月8日

無料のグループウェア5選!求める機能に応じて選ぼう

2018年7月5日

ニッチ市場とは?戦わないことで成功した企業の事例を紹介