この記事は 3 分で読めます

ESG経営とは|メリットや具体的な取り組み例を紹介

URLをコピーする

近年、地球上には環境問題や気候変動など様々な課題があります。そのような環境の中で、企業が長期的な成長を行う上でESG経営が注目されています。

この記事では、ESG経営の内容や行うメリット、ESG経営を行うための具体的な取り組みを紹介します。

ESG経営とは、長期的な企業の成長のために、環境・社会・ガバナンスの3つを重視する経営手法

ESGとは、環境(Environment)・社会(Society)・ガバナンス(Governance)の3つの頭文字を取ったもので、経営においてこれらの要素を重視した経営手法をESG経営と呼びます。

2006年に当時の国連事務総長だったコフィー・アナン氏が発表した、金融業界や機関投資家に向けて提唱した新しい投資の原則であるPRI(責任投資原則:Principles for Responsible Investment)でESGが初めて登場しました。

ESG経営が注目される背景

PRIによって投資の判断基準としてESGの要素が重要視され始め、最近では売上や利益ではなく、ESGの観点で投資対象を選択するESG投資も注目されています

また、現代はIT技術の進歩や経済のグローバル化、気候変動や環境問題など様々なことが生じており、将来の不確実性が高く見通しが難しいVUCAの時代と言われています。その中で、企業が長期的に成長するためには、経営リスクとなる要因に対処可能な経営を行うことが求められています。

投資の意思決定要素の変化や、VUCAの時代において企業が長期的に成長するためにも、ESG経営が注目されています。

ESGとSDGsとの違い

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)とは人類が安定して生活するために地球上に存在する解決すべき課題の解決に向けて、2030年までに達成すべき目標を定めたものです。

ESGの対象は主に企業や団体であるのに対し、SDGsは地球上に住む人々や世界の国々を対象にしたものであるという違いがあります。

ESGとSDGsは対象が異なりますがまったくの別物というわけではなく、環境(E)や社会(S)では共通している項目もあります。そのため、ESG経営を通じてSDGsの達成に貢献することが可能です。

SDGsについて解説した記事もございますので、あわせてご覧ください。

合わせて読みたい記事
SDGs(持続可能な開発目標)とは?企業が取り組む意義や事例を紹介SDGsという言葉をご存知でしょうか? これは国際的に掲げられている目標のひとつで、国家だけでなく企業にとっても重要なものとなっていま...

ESG経営を行うメリット

ESG投資を行う投資先からの評価を得られる

PRIによってESGが投資判断に組み込まれるようになったため、ESG経営に取り組む企業は金融機関や機関投資家から好意的な評価を得やすくなります

投資家たちからの評価が上がれば、投資対象にも選ばれやすく結果的に資金調達も行いやすくなるというメリットもあります。

企業イメージの向上につながる

自社の利益だけでなく、環境や社会問題に対して積極的に取り組むというイメージをESG経営を通じて発信することができるため、結果的にステークホルダーからのイメージ向上に繋がります。

また、企業イメージの向上によって投資家たちからの評価が上がるだけでなく、その企業で働きたいという求職者からの評価も上がり、人材が集まりやすくなります。

経営リスクを軽減できる

ESGの各要素は企業にとってリスク要因であり、そのリスク要因に対する意識や取り組みの強化は、企業がリスク管理を強めていることの現れになります。

例えば、企業内での不正防止や情報漏えいなどのガバナンスに関する取り組みを強化することは、不祥事やトラブルへのリスクの低減に繋がります

ESG経営を行うための具体的な取り組み

環境(Environment)に関する取り組み例

環境に関する取り組みでは、事業の環境への影響を考慮し負荷を軽減する施策を行うことが大切です。

例えば、製造分野であれば製品の省エネルギー化や製造途中における二酸化炭素排出量の削減など、それ以外の分野であれば事業用車にハイブリッド車や電気自動車の導入、社内のペーパーレス化の実施などがあります。

ペーパーレスについて紹介した記事もございますので、あわせてご覧ください。

合わせて読みたい記事
ペーパーレスとは|概要やメリット・デメリットを解説します皆さんは「ペーパーレス」という取り組みについてご存知ですか?近年、様々なメリットが得られることから、企業のペーパーレス化が注目されていま...

社会(Society)に関する取り組み例

社会に関する取り組みでは、従業員の健康・安全や労働条件等、社会全体で解決すべき課題に対する取り組みを講じることが重要です。

例えば、テレワークの推進や女性の管理職登用、男性の育児休暇取得促進などのダイバーシティ推進に向けた取り組みや、従業員の健康・メンタルヘルスの管理、キャリア形成に向けた支援制度の制定といった取り組みが有効です。

ガバナンス(Governance)に関する取り組み例

ガバナンスでは、長期的な企業の成長のために、企業の透明性・健全性を高め、管理体制を構築する取り組みが求められます。

財務状況の開示や法令の遵守、社外取締役や監査役の設置による企業の透明性の強化などが例に挙げられます。

ダウンロード ダウンロード
ダウンロード

今さら聞けない、営業マネージャーが知っておくべきKPI・KGI

無料でダウンロードするために
以下のフォーム項目にご入力くださいませ。

経営・マネジメントおすすめの記事

2020年3月12日

魅力的なブランドコンセプトとは?事例や作る際のポイントを紹介!

2018年8月8日

無料のグループウェア5選!求める機能に応じて選ぼう

2018年7月5日

ニッチ市場とは?戦わないことで成功した企業の事例を紹介