ブランディング

効果的なブランディングの手法とは?有名企業の具体例と合わせて紹介

顧客の獲得の鍵となるブランディングですが、どのように行えばよいのでしょうか。
今回はブランディングを進めるための具体的な手法や成功しているブランドの例を紹介します。

ブランディングの定義やマーケティングとの違い

ブランディングの種類や定義

ブランディングとは、自社商品を他商品と差別化することによって価値を与え、ブランドのイメージを創造・定着させることです。
ブランディングの中にも、

  • 商品・サービスブランディング:
    ロゴやキャッチコピーなどを通して商品やサービスの認知度を上げる
  • 企業ブランディング:
    企業が持っている理念や思想、ブランドのイメージを広める
  • パーソナルブランディング:
    一個人の認知を目的とする
  • インターナルブランディング:
    自社従業員などの社内をターゲットとする

などの種類があります。

ブランディングを成功させると、価格競争に巻き込まれなくなったりリピート客を獲得できたりと、様々なメリットがあります。
詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
知っておきたい!ブランディングのメリットや成功させる要素を紹介!ブランディングという言葉を知っていますか?ブランディング=高級ブランドという認識を持っている方も多いと思いますが、商品の価格帯に関わらず...

ブランディングとマーケティングでは最終目標が違う

「ブランディング」とよく混同される用語が「マーケティング」です。
どちらも商品を販売する際に重視され、ブランディングを進めているうちにマーケティングが成功していることもあり、密接に関係しあっています。

しかし、両者では最終的な目標が異なります。
マーケティングでは販売する戦略の立案や販売・PR方法を検討し、売上の上昇を目指しています
一方、ブランディングでは、消費者が商品や企業に対して持つイメージを作り上げ、定着させることを目標とします

ブランディングを行うための具体的な手法5つ

ブランドのコンセプト、提供する価値を定める

ブランドコンセプトは、ブランドが重視している価値観やビジョンを具体的に示しています

コンセプトの背景にある理念や理想を言語化することで、ターゲットにわかりやすく伝えることが重要です。
その他にも、社会や個人にどのような価値を提供するのかどのようにしてビジョンを実現するのかを独自性を持って伝えることが望ましいです。
このときに、「誰に」「どのような価値を」「どのように」提供するのかを明確にすることが重要です。

また、多くの人が抱えている潜在的な悩みを汲み取っているコンセプトの場合、ロイヤルカスタマーを獲得しやすいことがあります。

あわせて読みたい
魅力的なブランドコンセプトとは?事例や作る際のポイントを紹介!ブランディングにおいて必要不可欠な要素となる「ブランドコンセプト」。 耳にしたことがある人も多いかと思いますが、実際にどのようなものな...

ブランディングのターゲットを定める

ブランディングにおいては、商品に応じた適切なターゲットの策定も肝心です。

例えば、アパレルのブランディングを行う場合、「成人男性向け」よりも「デザインにはこだわらず、低コストで良質な洋服を着たい男性向け」などのより狭いターゲットを策定したほうが、消費者に刺さりやすいです。
策定するターゲットの最適な広さは商品にもよります。幅広い層を狙ったほうがよい場合もあれば、限定的な層にターゲットを絞ったほうがよいこともあります。

また、ターゲットを明確に定めることによって、統一した価値観に基づいたブランディングが可能です

他社や市場の分析を通して自社のポジションを定める

ブランディングを行うにあたって、他社や市場を詳しく分析する必要があります。

ブランドコンセプトが他社と被っていたり、対立している場合、より戦略的なブランディングを行わなければいけません
また、他ブランドが狙っていない市場があった場合、ニッチ市場における独占企業を狙うことも1つの戦略です。

企業・チーム全体でビジョンを共有し、方針を統一する

ブランディングを行うにあたって、外部に発信するブランドコンセプトだけでなく、社内で共有するブランドのビジョンも統一する必要があります

広報や商品企画、経営企画、販売戦略などが共通のビジョンを持っていない場合、ブランドの一貫性が失われ、世界観が崩れかねません

商品のデザイン、広告などを通して浸透させる

特徴的なデザインやインパクトのある広告、印象に残るキャッチフレーズもブランディングを行う上で重要な要素です。
TVCMなどでキャッチフレーズやオリジナルソングを流したり、イベントなどのスポンサーになったりすることも効果的です。

また、ロゴだけでなくカラーコードの統一によってイメージを定着させることも手段の1つです。

ブランディングに成功している企業の例

身近なところではどのような企業がブランディングに成功しているのでしょうか。
それぞれのブランドが定着させたブランドコンセプトと、その背景を紹介します。

Apple:統一した世界観を元にしたデザインをする

デザインによるブランディングを成功させた企業として有名なのがApple社です。
商品のデザインだけでなく、店舗の外見やアプリのUIに至るまで、多くの人がひと目で「Appleの商品だ」と判断できます。

すべての商品に機能・デザインなどの側面でシンプルさ、スマートさを重視し「Appleらしさ」を一貫した結果、Appleには多くのロイヤルカスタマーがついています。

ユニクロ:商品のコンセプト、企業の理念を統一させる

多くの人がユニクロの服に「低コストかつ高品質」「着回しが楽」などのイメージを持っているのではないでしょうか。

ユニクロは「あらゆる人が良いカジュアルを着られるようにする」ことを理念として、「あらゆる人の生活を、より豊かにするための服」である「LifeWear」を提供することをコンセプトとしています。

ブランドのコンセプト通り、シンプルで完成度が高く、幅広い層の人が着用できる商品が展開され、ブランディングに成功しています

ニトリ:ブランドや商品、コンセプトのイメージをわかりやすくする

「お、ねだん以上。」というフレーズを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

このキャッチコピーは印象に残りやすい上、TVCMなどでも流れているため、多くの人の記憶に残っています
また、ニトリの低コストでハイパフォーマンス、高品質な商品を提供するというブランドコンセプトをわかりやすく伝えています

また、ロゴの配色だけでどの企業が判断できることからもブランディングに成功していると言えます。

 

まとめ

いかがでしょうか?
今回は効果的なブランディングの手法や成功しているブランドの例を紹介しました。
この記事を参考にブランディングを成功させロイヤルカスタマーを獲得しましょう!

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!