この記事は 3 分で読めます

組織形態とは|代表的な形態と組織を作る際のポイントを紹介します

URLをコピーする

自社にふさわしい組織形態を導入したいけれど、どのようなものがあるのか分からない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、代表的な組織形態と組織を作る際のポイントを紹介します。

組織形態とは、特定の戦略を実行するための組織構造のこと

組織形態とは、組織が特定の戦略や目的を遂行するために編成する、部門や部署などの組織構造のことです。組織形態は事業戦略により異なるため、組織の種類にあわせた組織形態をとることが求められます。

代表的な組織形態には、機能別組織や事業部制組織、マトリクス組織などがあります。

機能別組織:職能や機能別に編成する組織形態

機能別組織は、決定権を持つ経営層を上位に置き、人事や経理などそれぞれの業務内容を職能別に編成する組織形態です。職能別組織とも呼ばれ、企業や組織においてよく見られる一般的な組織構造です。

それぞれの業務内容を職能別に編成するため、業務の重複が起こりにくく、効率的に組織運営を行うことができます。また、組織ごとの専門性が高いため、知識や技術などノウハウの共有が図りやすく迅速なスキルアップが期待できます。

一方、職能別組織には、組織が拡大してきた際、誰がどの業務を担当するのか役割と責任が曖昧になってしまうというデメリットがあります。さらに、トップマネジメント以外が部署や部門を横断してマネジメントを行う機会がなく、経営に携わる幹部候補の育成がしにくいという課題もあります。

事業部制組織:事業ごとに業務を分担し編成する組織形態

事業部制組織は、商品やサービスごとに事業部を編成し業務を分担する組織形態です。商品やサービスだけでなく、地域や顧客ごとに部署を編成する場合もあり、多角的に事業を行う企業でよくみられる組織構造です。

事業部長ごとに業務に対する決定権が与えられ、事業部ごとに運営が完結するため、スピード感がある意思決定や対応が可能です。また、事業部ごとの利益が明確になり、業績向上に対する従業員のモチベーションアップも期待できます。

一方で、全社視点で考えると業務の重複が出てしまい、経営効率が劣るというデメリットがあります。

マトリクス組織:機能と事業2つの観点を組み合わせ編成する組織形態

マトリクス組織は、一人ひとりの社員が職能別組織と事業別組織の両方に所属し、複数の観点を持ち事業を進める組織形態です。例えば、Aさんはマーケティング部という職能別組織と、商品1という事業別組織に属するという形態です。

業務が細かく専門化しており機能の重複も生じにくいため、効率的に業務がすすめられます。

しかし、複数のリーダーが存在するため、指揮系統が煩雑化してしまい混乱を招くことが考えられます。また、複数の部署から人が集まるので、考え方の違いから社員同士の対立が起こる可能性もあります。

カンパニー制:社内に分社を持ち権限と責任が与えられる組織形態

カンパニー制は、社内の一事業部を独立した法人のように扱い、経営資源(ヒト・モノ・カネ)と権限を与え、独自で採算を図る組織形態です。社内分社制の一種であり、多角経営を行う大企業に見られます。社内カンパニー制やバーチャルカンパニー制度とも言われます。

経営資源(ヒト・モノ・カネ)の権限委譲により、経営の効率化や迅速な意思決定、創造性の発揮が期待できます。また、独立採算であることから、利益や資産効率の向上が望めます。

しかし、権限委譲が行われるため不正のリスクが高まるというデメリットも挙げられます。さらに、組織間の独立性が高くなることから、カンパニー間でのコミュニケーションが希薄になります。

プロジェクト組織:プロジェクトのために目標と期間を定め編成する組織形態

プロジェクト組織は、プロジェクトごとに専門スキルを有する人材を各部署から招集し、期間を定めプロジェクトを編成する組織形態です。プロジェクトが終了したら解散する一時的な組織形態で、要件の変更が発生しやすい情報システムの会社に多く見られます。

プロジェクトに応じて少数精鋭の人材を揃えるため、成果が得られるスピードが速いというメリットがあります。さらに、共通の目的を持った社員が招集されるため、チームの一体感を得やすくプロジェクト達成のモチベーション向上が見込めます。

しかし、様々な部署から人材を集めるため、評価や処遇が複雑化するというデメリットが挙げられます。

最適な組織形態を作る際のポイント

最適な組織形態を作る際のポイントには、以下のような点が挙げられます。

  • 組織を管理する人の責任を明確に設定する
    組織を管理する権限を持つ人物の責任を明確にすることで、意思決定がたらい回しになり時間がかかるのを防ぎます。
  • 指示系統を整備する
    社員が混乱し、業務の進行が遅れないように指揮系統を整備します。
  • 戦略に応じて組織形態を変更する
    企業の目的や戦略、プロジェクトに適した組織形態に変更します。
    さらに、組織に対する固定概念やイメージではなく、社員の働き方や社会情勢なども考慮し最適な組織形態を選択します。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、代表的な組織形態と組織を作る際のポイントを紹介しました。最適な組織形態を作るには、管理する立場の責任を明確にし、指示系統を整備することが重要です。

この記事を参考に、企業の目的やプロジェクトにあった組織形態を導入してみてください。

ダウンロード ダウンロード
ダウンロード

今さら聞けない、営業マネージャーが知っておくべきKPI・KGI

無料でダウンロードするために
以下のフォーム項目にご入力くださいませ。

経営・マネジメントおすすめの記事

2020年3月12日

魅力的なブランドコンセプトとは?事例や作る際のポイントを紹介!

2018年8月8日

無料のグループウェア5選!求める機能に応じて選ぼう

2018年7月5日

ニッチ市場とは?戦わないことで成功した企業の事例を紹介