この記事は 3 分で読めます

組織構造とは|5つの代表的な組織構造のメリット・デメリットを解説

URLをコピーする

「組織構造」という言葉を聞いたことがあるけれど、どのようなものかよく分からない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、5つの代表的な組織構造のメリット・デメリットを解説します。

組織構造とは、業務内容や権限など企業内の仕組みを表したもの

組織構造とは、組織を設計するために業務内容や権限など企業内の仕組みを表したものです。組織構造は、企業の戦略が効率よく遂行できるように作らなければなりません。例えば、「誰がどのような仕事をするのか」などの部門設定や、「誰が誰にどのように仕事をさせるのか」などの指揮系統の整理および管理権限を明確に区別することが挙げられます。

また、組織を機能させるには、「組織の3要素」というものを考慮することが重要です。これは、アメリカの経営学者テスター・バーナードが提唱したもので、「コミュニケーション」「協働の意欲」「共通の目標」3つの要素から成り、それぞれが一定の水準で必要であると言われています。

5つの代表的な組織構造

組織構造には代表的なものがあり、十分に機能するためには、企業の事業内容などに合った構造を作る必要があります。

機能別組織

機能別組織は、決定権を持つ経営層を上位に置き、担当する業務内容ごとに部門を分け業務を進める組織構造です。「営業」「人事」「経理」「製造」など、それぞれの業務を遂行するための能力を持った人を集め組織を編成します。職能別組織とも呼ばれ、多くの企業で採用されている一般的な組織構造です。

【メリット】
・従業員の役割分担を簡単に把握することができるため、業務の重複が起こりにくく効率的に組織の運営を行えます。
・組織ごとの専門性が高いため、知識や技術などノウハウの共有をしやすく、業務の効率性が高まることが期待できます。

【デメリット】
・組織が拡大した場合、誰がどの業務を担当するのか役割と責任が曖昧になってしまうことがあります。
・急激な市場環境の変化など、企業全体で取り組まなければならない経営課題に対応しにくい場合があります。
・トップマネジメント以外が部署や部門を横断してマネジメントを行う機会がなく、多様な視点が排除されることがあります。

事業部制組織

事業部制組織は、商品やサービスごとに独立した事業部を編成し、業務を分担する組織構造です。本社の下に、「○○事業部」「●●事業部」という各事業部が置かれ、その中で「販売部門」「製造部門」「開発部門」に分かれています。商品やサービスだけでなく、地域や顧客ごとに部署を編成する場合も見られます。

【メリット】
・事業部長ごとに業務に対する決定権が与えられているため、責任の所在を明確に把握できます。
・事業部ごとに運営が完結するため、迅速な意思決定や対応が可能です。
・事業部ごとの利益が明確になり、事業部間で競争が起こることで、業績向上に対する従業員のモチベーションアップが期待できます。

【デメリット】
・各事業ごとに目標を掲げて動くため、企業全体の方向性が統一しにくい場面があります。
・「販売部門」などが複数存在するため、全社視点で考えると業務の重複が出てしまい、経営効率が劣ってしまいます。

マトリクス組織

マトリクス組織は、機能別組織と事業部制組織を掛け合わせた組織構造です。機能別組織のスキル面と、事業部制組織のスピード感という両方の組織構造のメリットを取り入れることで、柔軟かつ的確に業務を進められます。例えば、Aさんはマーケティング部という職能別組織と、商品1という事業部制組織に属するという形態です。

【メリット】
・業務が細かく専門化しており機能の重複も生じにくいため、効率的に業務が進められます。

【デメリット】
・複数のリーダーが存在するため、指揮系統が煩雑化してしまい混乱を招くことが考えられます。
・複数の部署から人が集まるので、考え方の違いから社員同士の対立が起こる可能性もあります。円滑に組織を運営するための解決策として、重要度の高い組織に権限を持たせるなどが挙げられます。

カンパニー制組織

カンパニー制組織は、事業部制組織の独立性をさらに高めた組織で、経営資源と権限が与えられ、独自で採算を図る組織構造です。それぞれのカンパニーに対して資本金が割り当てられ、一定の基準に従って貸借対照表や損益計算書を作成するなど、完全に独立した組織として扱われる点が特徴です。

【メリット】
・経営資源や権限の委譲により、経営の効率化や迅速な意思決定、創造性の発揮が期待できます。
・将来経営に携わる人員を現場で育成できます。
・事業の売却や事業構造の変革などが比較的容易に行えます。

【デメリット】
・権限委譲が行われるため不正のリスクが高まります。
・判断を誤ると大きな損失につながるリスクがあります。
・組織間の独立性が高くなることから、カンパニー間でのコミュニケーションが希薄になる場合があります。

プロジェクト・チーム型組織

プロジェクト・チーム型組織は、専門性の高いスキルや異なる経験を持った人材を各部署から招集し、特定の任務を遂行する組織構造です。目標を達成すれば解散する一時的な組織形態で、要件の変更が発生しやすい情報システムの会社に多く見られます。

【メリット】
・目標に応じて少数精鋭の人材をそろえるため、比較的短期間で成果を得られます。
・高いスキルや経験を持っているため、新たなアイディアが生まれイノベーションが起こる可能性が高いです。

【デメリット】
・さまざまな部署から人材を集めるため、コミュニケーション不足など安定性に欠ける場面が想定されます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、5つの代表的な組織構造のメリット・デメリットを解説しました。企業の戦略を効率よく実行するには、自社にあった組織を作らなければなりません。この記事を参考に、自社にあった組織構造はどのようなものかを考えてみてください。

ダウンロード ダウンロード
ダウンロード

今さら聞けない、営業マネージャーが知っておくべきKPI・KGI

無料でダウンロードするために
以下のフォーム項目にご入力くださいませ。

経営・マネジメントおすすめの記事

2020年3月12日

魅力的なブランドコンセプトとは?事例や作る際のポイントを紹介!

2018年8月8日

無料のグループウェア5選!求める機能に応じて選ぼう

2018年7月5日

ニッチ市場とは?戦わないことで成功した企業の事例を紹介