この記事は 3 分で読めます

ブランド構築とは?メリットと実践する手順を紹介

URLをコピーする

ブランド構築という言葉をご存じですか。
より多くの消費者に商品やサービスを利用してもらうためには、ブランド構築を行い、企業のブランド価値を向上させることが大切です。
この記事では、ブランド構築のメリットと実践する手順について紹介します。

ブランド構築とは、企業が提供したいブランドの価値と消費者が企業に対して抱くイメージを一致させること

ブランド構築とは、企業が自社の商品・サービスによって消費者に提供したいブランドの価値と、消費者が抱くブランドのイメージを一致させることです。つまり、企業が一方的にブランドの価値を掲げるのではなく、消費者の持つブランドイメージと企業の在りたい姿との差を無くすということです。そのため、他社との競争のみに注力するのではなく、消費者の立場に立って、心理の理解に努めることが大切です。

ブランド構築のメリット

競合する商品・サービスと差別化できる

ブランド構築によりブランドの独自の価値を作り上げることができ、競合する商品と差別化できます。商品に対して「このブランドだから買いたい」と考える消費者が増えるので、自社の商品を消費者に選んでもらえる可能性が高くなります。

また、ブランド価値は消費者からの商品に対する信頼につながります。そのため、継続的に利用されやすくなり、消費者との長期的な関係を構築することもできます。

宣伝にかかる手間や広告費が削減できる

ブランド構築を行い消費者の中に企業のブランドイメージができあがると、積極的に宣伝をしなくても自社の商品を選んでもらえるようになります。そのため、商品・サービスの宣伝にかかっていた手間や広告費を削減することができます。

法的保護を受けられる

ブランド構築を行うことによって、商品に対する商標登録・著作権・特許権などの法的保護を受けられるようになります。例えば、商品の製造に特殊な手法を用いた場合には、製造工程を特許として申請しておけば、その技術は法律によって保護されます。そのため、競合他社は商品を真似ることができなくなり、さらに差別化を図れます。

ブランド構築の手順

1. 市場を細分化して、分析する

あらゆる層の消費者に支持されるブランドを構築するのは簡単ではありません。そのため、ある一定層の消費者に対して特化したブランド価値を築く必要があります。

まず初めに、消費者を年齢・性別・居住地域・職業などの要素で分け、市場を細分化します。そうすることで、ターゲットにするべき消費者を発見しやすくなります。

2. 自社を評価してくれる見込み客を選び出す

次に、細分化した市場から、自社の事業・製品・サービスを評価してくれる見込み客を選び出します。見込み客を選定することで、ブランド構築のコンセプトが定められます。

3. 競合他社と差別化する

見込み客を選び出したら、企業の独自性を打ち出して競合他社と差別化します。企業に独自性があれば、他社の商品と比較されても選ばれる可能性が高くなります。

競合他社との差別化を図る方法として、ポジショニングマップの利用が挙げられます。ポジショニングマップとは、自社や他社の立ち位置を可視化したものです。自社の独自性を打ち出すためには、消費者からの自社の位置づけをはっきり理解することが大切です。ポジショニングマップを利用して企業の独自性を決定しましょう。

ポジショニングマップについては以下の記事も参考にしてみてください。

合わせて読みたい記事
ポジショニングマップを使って「自社らしさ」で戦う方法とは自社の立ち位置や今後の戦略を練る際に、ポジショニングマップを利用する人は多いと思いますが、効果的に活用できていますか?今回は、「自社らしさ」で市場を勝ち抜くためのポジショニングマップの作り方とそのポイントを解説していきます。...

4. ブランドアイデンティティを決定する

自社の独自性が決定したら、ブランドアイデンティティを決めます。ブランドアイデンティティとは、自社の独自性を端的に言葉で表現したものです。見込み客にどう思われたいのかを明確な言葉にすることで、より一層競合他社と差別化できます。

また、ブランドアイデンティティを具体化する戦略についても考える必要があります。この時、「4P分析」や「4C分析」と呼ばれる手法を用いるとよいでしょう。「4P分析」は企業の視点に立って行う分析手法、「4C分析」は消費者の視点に立って行う分析手法です。企業だけでなく消費者の立場にも立って、独自性を強化・具体化する戦略を考えます。

「4P分析」「4C分析」については、以下の記事も参考にしてみてください。

合わせて読みたい記事
「4P」とは?知っておくべきマーケティングミックスの基本を紹介!マーケティングの現場や会議などで「4P」という言葉を耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか? しかし、具体的にどのような概念な...
合わせて読みたい記事
4C分析とは?4Pと組み合わせたマーケティング戦略の組み立て方を紹介4Cとは顧客目線でマーケティング戦略を組み立てていくための考え方です。この記事では、4Cの詳細や、4Pとの関連性、実際に4Cや4Pがどのように戦略に活きていくのかを解説しています。...

5. 目標を明確に設定する

ブランド構築の方向性が決まったら、最後に目標設定をします。顧客、競合他社、自社を区別して3C分析を行い、対象の顧客や市場、自社の長所・短所を明確にします。その上で、どのくらいの実績を目標にするのかを設定します。

3C分析については、以下の記事も参考にしてみてください。

合わせて読みたい記事
市場分析に欠かせない3C分析のやり方とコツとは?皆さん、3C分析はご存知でしょうか?3C分析は非常に有名なビジネスフレームワークであり、ご存知の方は多いのではないでしょうか。しかし、有...
まとめ

いかがでしたか。

ブランド構築は、企業がブランド価値を獲得し、競合他社との差別化を図るために必要な取り組みです。

この記事を参考にして、ブランド構築のメリットや手順を押さえておきましょう。

ダウンロード ダウンロード
ダウンロード

これからはじめるBtoBマーケティング施策入門書

無料でダウンロードするために
以下のフォーム項目にご入力くださいませ。

合わせて読むならコチラ

2018-05-18 10:55:19

「潜在顧客」と「見込み顧客」の違いは?最適なアプローチを理解しよう

2019-01-08 10:00:34

【ビジネス向け】日程調整メールの書き方と状況別のテンプレを紹介

2020-02-03 16:54:06

テレアポが成功しやすい時間帯・時期って?業種別に解説します

2020-04-02 16:04:27

市場占有率(マーケットシェア)とは?意味や種類を簡単解説!

経営・マネジメントおすすめの記事

2020年3月12日

魅力的なブランドコンセプトとは?事例や作る際のポイントを紹介!

2018年8月8日

無料のグループウェア5選!求める機能に応じて選ぼう

2018年7月5日

ニッチ市場とは?戦わないことで成功した企業の事例を紹介