この記事は 3 分で読めます

【基本解説】組織開発とは|人材開発との違いや手順、成功事例を紹介

URLをコピーする

「組織開発」という言葉をご存知ですか?組織開発は、組織が成長し続けるために欠かせない取り組みです。
今回は、組織開発の概要や人材開発との違い、手順、有効なフレームワーク、組織開発に成功した企業例を紹介します。

組織開発とは、組織に所属する人と人の関係性を向上させ組織を活性化すること

組織開発とは、組織に所属する人と人の関係性を向上させて組織を活性化することです。組織内の信頼関係を構築・強化して、パフォーマンスを最大限に発揮することを目的としています。

組織開発は1950年代終盤にアメリカで誕生し、その後欧米で発展しました。英語の「Organization Development」の頭文字を取り「OD」と呼ばれることもあります。

組織開発が重要視されている背景

近年、終身雇用や年功序列制度の崩壊、雇用の流動化、成果主義の台頭によって、組織内の人と人の関わり方が変化しています。自身の成長を目的としたより良い環境への転職が当たり前となったほか、働き方の変化、ダイバーシティの推進などにより組織内に多様な価値観がもたらされるようになりました。

このような環境の中で、今までよりも円滑なコミュニケーションが取りにくいことが課題になり、業務に悪影響をおよぼしてしまうという問題が起きています。コミュニケーションの問題を解決するために、仕事のやり方や考え方などを見直し、人と人との関係性を向上させ活性化させるための組織開発が必要だと言われています。

組織開発と人材開発の違い

人材開発は、組織内での個々の従業員のパフォーマンスを向上させることを目的として行われます。具体的には、社内研修や外部講習、キャリア開発、OJTなど、個人に対しての訓練や教育などが挙げられます。

一方で、組織開発では個々の従業員ではなく、従業員同士の関係性や相互性を高めることを目的に行われます。つまり、人材開発が個人に向けた取り組みであるのに対して、組織開発は従業員同士の関係性に向けた取り組みであるという違いがあります

組織開発の手順

1. 組織開発のゴールを明確にして現状を把握する

組織開発を行うには、初めに組織開発を通じて実現したい組織のあり方を設定し、次に組織の現状を把握します。企業理念やミッション・ビジョン・バリューをもとに具体的にどのような組織を目指しているのかを明確にしましょう。また、組織の課題や解決方法を把握するために、従業員へのインタビューやアンケートを実施するとよいでしょう。

2. 現状に対する課題を設定する

現状の把握を終えた後は、課題の仮説を立てて検証を行い、課題を絞り込みます。課題を絞り込む際は、1つの要因に特化するのではなく、様々な要因に対して検証を行うことが重要です。

3. アクションプランを設定して小規模で始める

次に、課題に対するアクションプランを設定し、まずは小規模のグループから始めます。特定のグループに絞って実行し、新たな課題や全社展開する際の懸念点などを洗い出しましょう。このときグループの責任者の同意を得ておくと、試験的なアプローチをスムーズに進められます。

4. 効果検証とフィードバックを行う

アクションプランに対しての効果検証とフィードバックを実施しましょう。施策に対して、どのような効果が得られどのような課題を解決できたのか、今後に向けての改善点はどこなのかなど、具体的に効果検証を行い関係者にフィードバックを行います。

5. 成功事例を全社に展開する

小規模の施策が成功したら、成功事例を全社に展開します。成功事例を全社で展開できるように、成功した理由や効果の出た取り組みを把握しておきましょう。また、施策がスムーズに展開できるようワークショップの開催や仕組みを構築しておくことも重要です。

組織開発に有効なフレームワーク

組織開発に有効な代表的なフレームワークには、以下のようなものがあります。

  • コーチング
    相手の内面にある答えを引き出し、目標達成できるようにサポートする取り組みのことです。
  • フューチャーサーチ
    利害関係のある相手と課題について話し合い、アクションプランを作成する取り組みのことです。
  • ミッション・ビジョン・バリュー(MVV)
    企業理念を構成するミッション(Mission)・ビジョン(Vision)・バリュー(Value)を定義することです。

組織開発に有効なフレームワークの詳細は、以下の記事をご参照ください。

合わせて読みたい記事
組織開発に有効なフレームワーク5選|手順や人材開発との違いも解説組織開発を進めるために有効なフレームワークを知りたいけれど、どのようなものがあるか分からないという方も多いのではないでしょうか。 今回...

組織開発に成功した企業事例

ヤフー株式会社

ヤフー株式会社は2012年の経営改革を機に、組織が自走するための力を養うため、従業員間の連携強化に取り組んでいます。具体的には、部下の成長を支援するため1週間のうち30分は上司と部下が対話する1on1の実施や、1on1を実施する上司に対してコーチング研修の実施などがあります。

その結果、「組織が円滑に動くようになった」「自己啓発や業務改善に役立っている」などの結果が得られ、エンゲージメントスコアの向上につながりました。

1on1ミーティングの詳細は、以下の記事をご参照ください。

合わせて読みたい記事
1on1ミーティングの流れやテーマを解説|上司と部下の信頼を構築近年、1on1ミーティングを取り入れる企業が増加していますが、「なかなかうまく活用できない」「何を話せばいいのかわからない」など難しく感...

株式会社ニトリホールディングス

株式会社ニトリホールディングスでは、組織開発と人材開発に統合的に取り組んでいます。社員が持つ才能や経験値に着目しマネジメントを行うタレントマネジメントと教育システムを連動させることで人材管理の一元化に成功しました。

具体的には、個人の成長を組織の成長に結びつけるため、eラーニングなどの学習成果から個人の興味や希望を把握し具体的な施策につなげています。

ダウンロード ダウンロード
ダウンロード

まずはこれだけ。新規開拓営業を始める時の心得

無料でダウンロードするために
以下のフォーム項目にご入力くださいませ。

経営・マネジメントおすすめの記事

2020年3月12日

魅力的なブランドコンセプトとは?事例や作る際のポイントを紹介!

2018年8月8日

無料のグループウェア5選!求める機能に応じて選ぼう

2018年7月5日

ニッチ市場とは?戦わないことで成功した企業の事例を紹介