この記事は 3 分で読めます

KSFの分析方法とは|KGI・KPIとの関係や設定の手順も解説

URLをコピーする

「KSF」という言葉をご存じでしょうか?KSFは、事業を成功させるために必要な指標であり、KGI・KPIを設定する際にも重要な役割を果たします。
そこで今回は、KSFの重要性や分析方法に加え、KGI・KPIとの関係性についても解説します。

KSF(Key Success Factor)とは、事業の成功に必要な要因のこと

KSF(Key Success Factor)は「重要成功要因」と訳され、経営戦略を行うときに軸とするべき要素のことを言います。KSFは、自社では操作できない「外部要因」と、自社で効果を高めることができる「内部要因」に分かれます。

外部要因には、市場動向や消費者の嗜好、競合の参入・撤退のほか、政策が含まれます。一方、内部要因にはブランド力や技術力に加え、人材・資金などの経営資源が挙げられます。
これらの要因は時間によって変化するので、そのときに最適なKSFを設定することが重要となります。

「KSF・KGI・KPI」の関係

KGI(Key Goal Indicator)とは、組織や事業の達成するべき最終目標であり、「重要目標達成指標」とも呼ばれます。KGIは、現状を定量的に評価するための指標として用いられるため、具体的な数値で設定されます。

一方、KPI(Key Performance Indicator)とはKGIを達成するために設定する、より細分化された中間目標であり、「重要業績評価指数」とも呼ばれます。こちらは、プロセスの達成度を評価するための指標で、KGIと同様に具体的な数値で設定されます。

KSFは、KGIを達成するために注力すべき内部要因や、対処すべき外部要因を指します。KPIは、決定したKSFをもとに短期的な目標として定めます。

KGI→KSF→KPIの順で設定する

KGI・KSF・KPIは以下の手順で設定します。

  1. KGIを設定する
    自社の達成すべき最終目標を、期限を設け数値化して決定します。
  2. KSFを設定する
    KGIを達成するために、KGIと相関の強い要因や、自社が競合と差別化できる強みなどを分析してKSFを決めます。事業とかけ離れた要素をKSFに設定しても、成功に結び付けることはできません。
  3. KPIを設定する
    KGIから逆算して、より短期集中的なKPIを決めます。設定したKSFを活用できるKPIを策定することが重要です。

環境変化に伴ってKSFも変わっていくので、定期的な見直しが必要です。また、KSFを修正したときは、KPIも再度見直しましょう。

KSFを分析するメリット

力を入れるべき優先順位が決まる

KSFが決まれば、自社の注力すべき箇所が明確になります。経営資源には限りがあるため、優先順位の高いものに投資しなければなりません。KSFを分析して重要な要因を知り、それに基づいた施策をとることが、事業の成功には非常に重要です

新規事業参入への指標になる

新規事業を立ち上げるときは、その事業で競合よりも突出できるか、本当に儲けを出せるのかを把握しておかなければなりません。そこで、KSFを分析することで、自社の強みが競合と差別化できるものであるのかを把握できます。また、KSFに対して十分な経営資源を投資できるのかを知る指標にもなります。

KSFの設定に役立つフレームワーク

自社のKSFを設定するには、自社を外部環境と内部環境の2つの側面から、客観的に分析する必要があります。そこで、自社を分析するのに役立つフレームワークを紹介します。

3C分析

3C分析とは、市場・顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の3点から、市場を分析するフレームワークです。このうち、市場・顧客と競合は外部要因であり、自社は内部要因であるため、客観的な視点から自社の強みを把握することができます

3C分析の具体的な方法については以下の記事を参考にしてください。

合わせて読みたい記事
市場分析に欠かせない3C分析のやり方とコツとは?皆さん、3C分析はご存知でしょうか?3C分析は非常に有名なビジネスフレームワークであり、ご存知の方は多いのではないでしょうか。しかし、有...

5F分析

5F(Five Force)分析とは、売り手・買い手・既存競合・新規参入・代替品の5つの観点から、自社の置かれた業界の環境を分析するフレームワークです。競合との関係性を把握することで、自社が差別化を図れる要素を抽出できます

5F分析の具体的な方法については以下の記事を参考にしてください。

合わせて読みたい記事
ファイブフォース(5F)分析で業界での勝ち抜き方を知る方法企業はただ存在しているわけではなく、様々な外部環境に囲まれ、その中で生存していくものです。そのような外部環境の最小単位が「業界」です。 ...

PEST分析

PEST分析とは、政治(Politics)・経済(Economy)・社会(Society)・技術(Technology)の4つの視点から、外部環境を分析するフレームワークです。PEST分析によって、自社を取り巻く外部要因が今後及ぼす影響を把握できます

PEST分析の具体的な方法については以下の記事を参考にしてください。

合わせて読みたい記事
マーケティング戦略策定に役立つPEST分析とは?やり方とコツを紹介皆さんは、PEST分析をご存知ですか?有名なビジネスフレームワークではありますが、実際に分析を行う方法などを理解している方は多くはないの...

SWOT分析

SWOT分析とは、内部環境の強み(Strengths)・弱み(Weaknesses)と、外部環境の機会(Opportunities)・脅威(Threats)を分析するフレームワークです。また、SWOT分析の後にクロスSWOT分析を行えば、戦略を立案・策定することもできます

SWOT分析の具体的な方法については以下の記事を参考にしてください。

合わせて読みたい記事
SWOT分析とは?正しいSWOT分析のやり方とコツを紹介皆さんは、SWOT分析をご存じでしょうか?3C分析や4P分析などと並んで、良く用いられる有名なビジネスフレームワークのひとつです。しかし...

STP分析

STP分析とは、市場の細分化(Segmentation)・標的市場の決定(Targeting)・立ち位置の決定(Positioning)を行うことで、自社と顧客の関係を洗い出すフレームワークです。どの顧客にどんなアプローチを仕掛けるかを把握するのに有効な手段です

STP分析の具体的な方法については以下の記事を参考にしてください。

合わせて読みたい記事
STP分析とは?顧客とより良く関わるための考え方を徹底解説STP分析は、顧客を定義し戦略の大枠を定めるためのフレームワークです。この記事では、STP分析の概要と、実例に基づく使い方を解説しています。...
まとめ

いかがでしたか?

KSFは、事業の成功には外せない重要な要因です。KSFを分析すれば、注力すべき部分や新規事業立ち上げの是非が分かります。

この記事を参考に、KSFを分析してKGI・KPIとともに手順に従って設定しましょう。

ダウンロード ダウンロード
ダウンロード

今さら聞けない、営業マネージャーが知っておくべきKPI・KGI

無料でダウンロードするために
以下のフォーム項目にご入力くださいませ。

経営・マネジメントおすすめの記事

2020年3月12日

魅力的なブランドコンセプトとは?事例や作る際のポイントを紹介!

2018年8月8日

無料のグループウェア5選!求める機能に応じて選ぼう

2018年7月5日

ニッチ市場とは?戦わないことで成功した企業の事例を紹介