組織マネジメント

成果を生むKPIマネジメントとは?設定と評価のノウハウを紹介

ご自身の所属する組織、あるいは個人の目標として、KPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)KGI(Key Goal Indicator:重要目標達成指標)などを活用している方も多いのではないでしょうか。

しかしKPIのマネジメントは適切に行わなければ、最終的な成果を効率良く上げる事はできません。実際、「KPIを導入したけど、うまく数字が改善されない…」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

今回は、KPIマネジメントについて、基本的な内容とメリット、成果を最大化するために必要なポイントを解説していきます。

そもそもKPIとは

まず、そもそもKPIとは何なのでしょうか?

KPIは、KGIと呼ばれる事業そのものの定量目標(例:売上高、利益額)を達成するための少目標です。例えば利益額のKGIに関しては、「売上高を○円に上げる」あるいは「費用を○円まで落とす」といったKPIの候補が考えられます。この2つのうちより効果が大きく実現可能性の高いものを実際のKPIとして採用します

仮に売上高をKPIとして設定した場合、「顧客数を○人に増やす」「顧客の購買1回あたりの単価を○円に上げる」「顧客の購買頻度を○回/年に増やす」などのKPI候補が考えられます。このうちから先程と同じように実際のKPIを選定します。

こうすることで、あるKPIを達成することで更に上位のKPIを達成し、最終的にKGIが達成されるという、目標とプロセスの相互関係が明確化されます。従業員はKPIの達成に向けて働くことで、KGIを達成していきます。

KPIについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください!
【徹底解説】KPI・KGIとは?成果を出すためのKPIの設定方法を紹介

KPIマネジメントがもたらす成果

さて、KPIマネジメントとは文字通り、KPIを設定・共有し、KGIに向かうプロセスや達成度合いを管理することですこれだけだと、ただただ数字を管理しているだけに見えるかもしれません。しかし実際は、KPIマネジメントを行うことで様々な効果を上げることができるのです。

全社的な方向性の統一

KPIは事業の向かう方向性とシナリオを決定づけます。そこに携わる全ての人がKPIを共有し、そこに向かって仕事ができる環境をKPIマネジメントによって整えることで、全社的な一体感やチームワークの強化を実現することができます。

業務リソースの集中

全社での方向性を統一するということは、ただ一体感を醸成するに留まらず、業務の効率化も実現してくれます。

例えば、「売上を増やすには新規顧客を増加させて顧客の全体数を増やすことが最も効果的である」という結論を得て、新規顧客の獲得数をKPIに設定するとしましょう。KPIマネジメントを行わなければ、従業員ごとに動きがバラバラで、重要でない数字ばかりに気を取られたり、進捗の程度があやふやになったりしてしまいます。

しかしKPIマネジメントを行うことで、全ての従業員にKPIを浸透させ、重点的にアプローチすべき部分に大きなリソースを割くことができるようになります。これによって、効率的にKGIを達成できるようになります。

モチベーションの強化

KPIマネジメントを行わなければ、日々の業務がどういった成果に繋がるのかが明確にならず、従業員のモチベーションの低下を招いてしまいます。

しかし、KPIを設定・共有し、進捗を管理することで、自身の努力と成果が、全社的な目標にどのように貢献していくのかを個々の従業員が確認できるようになります。これによって、チームとしてのモチベーションの強化が実現できます

KPIマネジメントの成果を最大化するためのコツ

さて、ここまでKPIマネジメントを行うことによるメリットをご紹介してきましたが、ただ漫然とKPIの設定と進捗管理を行っているだけでは思うように成果を上げることはできません。KPIマネジメントの効果を最大化させるには、いくつかのポイントがあります。

KPIは重要なものに絞る

よくあるケースに、「KPIを多数設定してしまい、結局どこに集中したら良いのかわからない」というものがあります。KPIマネジメントによる業務効率化は、限られた資源を集中させることによって達成されます。したがって、こうしたマネジメントはせっかくのKPIを無駄にしています。

よほど余力のある組織ならまだしも、KGI達成のためのKPIは、重要なものに絞っていくことが必要です。適切な選択と集中により、最大限業務を効率化しましょう。

KPIは定量的に測定可能なものを設定する

設定したKPIが「顧客体験の向上」などの抽象的、あるいは定性的なものになっているケースがあります。こうした状態では、KPIマネジメントを通じて進捗を評価することができません。また、従業員もどれだけ頑張ればいいのか、どの程度努力が実を結んでいるのか分からず、モチベーションが低下してしまいます。

KPIは定量的で測定可能な指標を設定し、マネジメントしていくようにしましょう。

KPIは常に全員が確認できる状態にしておく

KPIは設定できているものの、管理職クラスしかその内容を把握しておらず、現場の社員はその存在すら知らないという場合があります。また、存在は知っているものの重視されておらず、努力の方向性が定まらないケースもあります。

KPIは全社を同じ方向に向けてくれるツールですが、このような状態では機能していません。KPIマネジメントを通じて、その内容とともに重要性をしっかりと共有し、文化として定着させることを目指しましょう。

KPIの達成状況とその理由を明確化する

KPIマネジメントを通じて、達成状況が適切に把握されておらず、KPIが形骸化しているケースがあります。また、単に達成できていない事を責めるのみで、改善に繋がっていない場合が非常に多いです。

目標の達成状況を振り返り、その要因を究明して次回につなげていくというプロセスはビジネスの基本です。PDCAなどの手法と組み合わせて、確実に次に繋がるKPIマネジメントを行いましょう

PDCAについてはこちらの記事をご覧ください!
【徹底解説】PDCAとは?机上論ではなく実務に落とし込むためにすべきこと

まとめ

いかがでしたか?

KPIマネジメントを通じて事業の成果をいかに最大化するか、イメージが掴めたのではないでしょうか。

KPIはその特性上トップダウンであるため、定着には大きな労力がかかりますが、事業目標の実現のためには非常に効果的です。

うまくKPIをマネジメントして、成果につなげていきましょう!

BaseconnectList